2020年03月15日

広島県「春ガキは身太り一番で美味しいのです」(力説)

広島県「春ガキは身太り一番で美味しいのです」(力説)
1 :名無しさん@おーぷん:20/03/15(日)05:49:36 ID:yTK主 ×
【こちら編集局です】春のカキ、実は美味 エサ豊富で身太りも一番
中国新聞社 2020/03/14 06:39

(抜粋)

 春ガキのおいしさを実証した研究者がいると聞き、広島大大学院統合
生命科学研究科の羽倉義雄教授(食品工学)を訪ねた。生産者から
「1月を過ぎると消費がどっと落ちる。春の味が冬に劣らないと証明できな
いか」と相談を受けた羽倉教授。呉市の養殖業者の協力を得て2008?
9年にほぼ毎月、カキのうま味成分の含有量を調べた。
 すると、主なうま味成分である8種類のアミノ酸は4月が12月の
1・3倍。グリコーゲンも微増していた。09?10年の調査でもほぼ同様
の結果が得られた。おいしさは、既に数値で実証されていた。
 なぜ、春がおいしいのだろう。広島県立総合技術研究所水産海洋技術
センター(呉市)によると、3月に入ると水温が上がり、カキのエサに
なる植物プランクトンが豊富になるからだという。3、4月に取れた
カキは、1年間で最も身が太って味も濃厚だ。5月に入ると卵を持ち、
加熱後に身がパサつくなど味も落ちる。
 これだけの証拠がそろっていながら、どうして春ガキは人気がないの
か。

全文→
https://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=622434&comment_sub_id=0&category_id=1060


https://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1584218976/l50
【関連する記事】
posted by ohana_matumae at 07:19| Comment(0) | 食品/新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。