2020年02月13日

【NASA】宇宙飛行士増員を発表 選考はいばらの道[R2/2/13]

【NASA】宇宙飛行士増員を発表 選考はいばらの道[R2/2/13]

※自演防止@jien
x0
1 :忍【LV31,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb:20/02/13(木)15:26:08ID:???

【2月12日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は11日、月面を歩き、火星まで旅をすることになる次世代の宇宙飛行士を増員する方針を発表した。
現在48人の宇宙飛行士が所属するNASAは、今後数年間で有人ミッションの回数を劇的に増やすことを計画している。だが、宇宙飛行士になれるのはほんの一握りだ。

 応募者には、米国籍と関連する修士号を持ち、地球から400キロ離れた国際宇宙ステーション(ISS)で生活し働く意志があることが求められる。

 NASAのジム・ブライデンスタイン(Jim Bridenstine)長官は、2024年までに男性宇宙飛行士と共に、初の女性宇宙飛行士による
月面着陸を目指していると述べ、「ほんの一握りの非常に優秀な男女を、NASAの多様な宇宙飛行士のメンバーに加えるために雇用する予定だ」と話した。

 科学、工学、数学分野での修士号所有が応募資格だが、同分野での博士課程で2年研究を続けているか、テストパイロットの経歴が
あれば同じく応募できる。また、医学や整骨医学の学位も可とされる。

 応募者は少なくとも2年の就業経験が必要で、パイロットの場合は1000時間以上の機長としての飛行経験が求められる。

 そして、今回初めて2時間に及ぶオンライン試験が実施される。

 選考プロセスを勝ち抜くのは至難の業だ。
先月卒業した候補生11人は、史上最多となる1万8000人の応募者の中から選ばれ、パイロットや科学者、エンジニア、医師などの輝かしい経歴の持ち主だった。

 NASAは来年半ばまでに次期候補生を選出するとしており、その後候補生はテキサス州ヒューストン(Houston)のジョンソン宇宙センター(Johnson Space Center)で2年間の訓練を受ける。

 訓練では、NASAのニュートラル浮力研究所(Neutral Buoyancy Lab)での宇宙遊泳の練習や、ロボット工学やISSのシステム、
訓練用ジェット機T-38の操縦方法のほか、ロシア語も学ぶという。

 伝統的に採用者の半数程度は軍出身者で、特に危険な実験機を操縦するテストパイロットが多い。

(以下略)

AFP 2月12日
NASA、宇宙飛行士増員を発表 選考はいばらの道 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
【2月12日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は11日、月面を歩き、火星まで旅をすることになる次世代の宇宙飛行士を増員する方針を発表した。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
!jien =お知らせ=
【アク禁依頼・解除】は「政経雑談スレ」に連絡を入れて下さい
*侮蔑語・煽り・不毛なレスバトル・レッテル貼り連呼・下品な発言・不快なaa
・会話不能などがアク禁対象です   (アク禁依頼・解除はレス番で!!)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
https://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1581575168/l50

【関連する記事】
posted by ohana_matumae at 16:21| Comment(0) | 医療/科学/技術関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。