2020年02月08日

日本原電、断層「生データ」を書き換え

日本原電、断層「生データ」を書き換え

※自演防止@jien
x0
1 :名無しさん@おーぷん:20/02/08(土)11:26:07ID:rf3×
 日本原子力発電敦賀原発2号機(福井県)の新規制基準に基づく審査で、原電が、原子炉建屋直下に活断層があるかどうかの判断に必要な調査資料の記述を書き換えていた。7日の会合で原子力規制委員会が指摘して発覚した。規制委は信頼できる資料が出されるまで審査を再開しない方針。

 書き換えられたのは、原電が2012年に敷地内で実施したボーリング調査の結果。採取した地層の観察記録で、18年の審査会合の資料では「未固結」などとしていた記述が、この日は「固結」に変わっていた。原電の説明はなく、規制委が計900ページに及ぶ資料の中から見つけた。
記述が変わった部分は少なくとも十数カ所あるという。観察記録は科学的な「生データ」で本来変えてはいけない。

敦賀原発の断層「生データ」無断で書き換え 日本原電:朝日新聞デジタル
 日本原子力発電敦賀原発2号機(福井県)の新規制基準に基づく審査で、原電が、原子炉建屋直下に活断層があるかどうかの判断に必要な調査資料の記述を書き換えていた。7


!jien
https://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1581128767/l50
2: 名無しさん@おーぷん:20/02/08(土)11:27:21ID:j8.um.L1×
タダチーニ揺れるわけではないので(´・ω・`)。
【関連する記事】
posted by ohana_matumae at 11:36| Comment(0) | 電力/エネルギー政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。