2020年01月24日

【北方領土】日本から譲歩案 「日ソ共同宣言」交渉記録発見、領土問題処理の交渉継続を明記せず[R2/1/24]

【北方領土】日本から譲歩案 「日ソ共同宣言」交渉記録発見、領土問題処理の交渉継続を明記せず[R2/1/24]
※自演防止@jien
1 :■忍【LV30,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb:20/01/24(金)05:13:47 ID:???

 日本とソ連が1956年に国交を回復した日ソ共同宣言に至る交渉の大詰めで、日本側が領土問題の交渉継続を明記しない
譲歩案を自ら示した記録が見つかった。
日本側が領土問題の交渉継続明記を一貫して求めていたという、従来の見方を覆す内容だ。

「2島返還」成果急いだ日本 駆け引きの中、消えた文言

 この譲歩案は、57年に外務省でソ連を担当していた「欧亜局第三課」が作成の「日ソ交渉会談録」に記されていた。
当時自民党の要職にあった三木武夫元首相が保管し、没後に母校の明治大学に寄贈された文書の中にあった。
外務省は共同宣言に至る交渉の詳細を今も明かしていない。

 政府全権として交渉した河野一郎農相は、56年10月17日のフルシチョフ第1書記との2回目の会談で、日本案を示した。
同じく政府全権だった松本俊一氏は回顧録でこの案について、4島返還を求める立場から、歯舞、色丹2島の引き渡しに加え、
「国交回復後も領土問題の処理を含む平和条約締結交渉を継続する」と記したと説明している。
 だが、今回明らかになった「日ソ交渉会談録」によると、この案には「領土問題の処理を含む」の文言がなかった。
河野氏は自民党の強硬論に押され、16日のフルシチョフ氏との初会談で条件をつけずに2島を引き渡すよう求めて反発されたため、
2回目の会談で残り2島の交渉継続をあいまいにする譲歩案を示したとみられる。

(以下略)

朝日デジタル 1月23日
https://www.asahi.com/articles/ASN1Q7501N17UTFK00R.html

■関連記事
「2島返還」成果急いだ日本 駆け引きの中、消えた文言 ― 朝日新聞 (2020/01/23)
https://www.asahi.com/articles/ASN1Q7520N1QUTFK024.html

◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 106◆ !max700
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579106074/


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
!jien =お知らせ=
【アク禁依頼・解除】は「政経雑談スレ」に連絡を入れて下さい
*侮蔑語・煽り・不毛なレスバトル・レッテル貼り連呼・下品な発言・不快なaa
・会話不能などがアク禁対象です   (アク禁依頼・解除はレス番で!!)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
省略(1行)

https://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579810427/l50

2:↓名無しさん@おーぷん:20/01/24(金)06:30:05 ID:na.ep.L1 ×
戦前も戦後もその場しのぎで適当にやるばかりですな
【関連する記事】
posted by ohana_matumae at 10:31| Comment(0) | 領土関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。