2019年02月20日

祭りの「ワッショイ」は韓国語の「ワッソ(来ましたか?)」が起源

祭りの「ワッショイ」は韓国語の「ワッソ(来ましたか?)」が起源
1 :名無しさん@おーぷん:2019/02/20(水)13:22:43 ID:bRl主 ×
 今日、日本の大阪四天王寺では毎年11月「ワッソ祭り」が開かれている。伽耶と百済、高句麗、新羅、朝鮮の使節団の服装に身を包んだ仮装行列参加者に向かって道端に集まった人波が「ワッショイ!」を叫ぶ。
 この掛け声は韓国語「ワッソ?(来ましたか?)」に由来するものだ。仏教や漢字、陶芸、建築など先進文明と文化を伝えた韓半島渡来人に対する過去の歓迎式を再現したものだ。
 1000人余りの仮装行列で伽耶服を着た人々が先頭に立つという。それだけ数が多かったという意味だ。

 これとともに、日本語の辞典を見ると「から」という言葉があるが、「日本文化を知らない外国の人、外国文化」という説明がある。
日本列島で倭人が会った最初の外国人が「から人」、すなわち伽耶人だったのだ。この「から」にはまた「唐」という意味もある。
「から」は最初は外国を示す代名詞として使われたが、日本が唐と直接交易を始めながら外国の代名詞が唐になり、もともとあった発音「から」を唐に後付したという解釈がもっともらしく聞こえる。

 日本に渡って行った伽耶人の技術が当時の日本の水準とは比較できないほど優れていたものだったため、これらの政治的影響力もまた小さくなかっただろうと推測することができる。
 これを基に移住した伽耶人のほとんどは日本支配層に編入される。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=250344

イイ!(・∀・) +0
-0 (・A・)イクナイ!

https://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1550636563/l50

2:名無しさん@おーぷん:2019/02/20(水)14:03:14 ID:ric ×
出た起源の主張

3:名無しさん@おーぷん:2019/02/20(水)14:09:31 ID:oYd ×
あってよかった民明書房

4:名無しさん@おーぷん:2019/02/20(水)14:13:07 ID:B7h ×
まーた始まった。
懲りないねぇ。

5:名無しさん@おーぷん:2019/02/20(水)14:14:44 ID:jax ×
そうだったとして韓国関係ねーしなぁ…

6:名無しさん@おーぷん:2019/02/20(水)14:43:47 ID:qTI ×
韓国は自国語の研究してないからこういうことを言い出すやつがでてくる

7:名無しさん@おーぷん:2019/02/20(水)16:30:23 ID:cBj ×
つ背負う→しょう

8:名無しさん@おーぷん:2019/02/20(水)17:36:44 ID:Ufp ×
なんで神様担いで遊山させるのに疑問文なんだよ

9:名無しさん@おーぷん:2019/02/20(水)17:40:43 ID:fS9 ×
なるほど韓国って凄いね
【関連する記事】
posted by ohana_matumae at 21:51| Comment(0) | 外交/アジア/他外国等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。