2018年12月31日

【転載】政府は妥協せず韓国の言い訳を潰していくべし〜【転載】今年も一年ありがとうございました。

【転載】政府は妥協せず韓国の言い訳を潰していくべし




米中対立で株価がだだ下がりしています。
リーマンショック以来の下げ幅なんて見出しもありますね。

いやもうこれリーマンショック級ですよね。
こまったなー、消費税増税なんて無理だわこれわー(棒読み)

で、経済的に追い込まれている中国共産党ですが、
その中国共産党はどうやら首根っこ掴んでいる
鴻海グループを動かしてきたようです。

【鴻海・シャープ、中国政府と半導体工場 総額1兆円規模 】
台湾・鴻海精密工業と子会社のシャープは、中国に最新鋭の半導体工場を新設する方向で地元政府と最終調整に入った。広東省の珠海市政府との共同事業で、総事業費は1兆円規模になる可能性がある。米国との貿易戦争が過熱する中、中国は外資に頼る半導体の国産化を強力に進めており、新工場も多額の補助金などで誘致する。中国の先端分野に圧力を加える米国が批判を強める可能性がある。
〜以下、会員専用記事のため省略〜
(2018/12/21 日経新聞)

シャープはみずほ銀行などから送り込まれた役員どもが
「お前達は責任とらなくていいようにしてやるよ〜」
という鴻海の見え見えの嘘に釣られて
経営陣刷新を条件にしていた日本側の再建案を蹴飛ばして
再建のための融資先に鴻海を選びました。

そしてこの記事にあるとおり、鴻海の手下として
中共の為に利益を吐き出させられるようです。

もうブログ主の中でシャープ製品を買う理由は全くありません。



韓国の予想の範疇と言える行動から取り上げます。

【韓国 レーダー照射問題で日本に遺憾表明=「引き続き意思疎通」】
【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長は24日午後、ソウルで日本外務省の金杉憲治・アジア大洋州局長と会談した。

 外交部の当局者は会談後、記者団に対し、韓国の艦艇が海上自衛隊の哨戒機にレーダーを照射したとされる問題を巡り、「日本側が事実関係を明確に確認せず、メディアに公開したことについて遺憾を表明した」と明らかにした。韓国側の遺憾表明に対し、日本側は特に反論はしなかったという。

 日本側は韓国の艦艇が20日、遭難した北朝鮮の漁船を捜索する際にレーダーを稼働させたことについて、自国の海上哨戒機に攻撃用レーダーを数回にわたって照射したと主張。韓国側は「人道主義的な救助のため、正常な作戦活動をしたのであり、日本側が威嚇と感じるようないかなる措置もしなかった」と反論している。

 外交部当局者は「お互いに説明が異なる部分もあり、必要なら両国の国防当局が引き続き意思疎通していくことが必要であることで一致した」と述べた。会談には双方の国防当局者も同席したようだ。

 会談では10月末に韓国大法院(最高裁)が日本企業に対し日本による植民地時代に強制徴用された被害者らへの賠償を命じた判決に関しても議論した。金氏は記者団に対し、「双方が自身の立場を説明した」として、「この問題が韓日関係に与える影響を最小限に抑えながら解決していくため、外交当局間の意思疎通を緊密にすることにした」と述べた。また、「歴史問題による困難さはあるが、未来志向的な両国関係のためにも引き続き努力することにした」と説明した。

 外交部当局者は「(日本側は)相当に真摯(しんし)な姿勢で協議に応じた」として、「日本側も韓日関係を良く運営していこうという意志を(持っていることを)十分感じることができた」と伝えた。日本企業の韓国内の資産の差し押さえ手続きに入る場合を想定した日本側の立場の表明があったかについては、「詳細は話せない」として、「いろいろな事案について十分に意見交換した」と述べるにとどめた。

 一方、韓国側が2015年末に両国政府の合意に基づき設立された慰安婦被害者支援のための「和解・癒やし財団」を解散すると発表したことを巡り、日本側が拠出した10億円の取り扱いなどについては議論しなかったという。

 双方は局長級協議は定例化していくことで一致したが、次回の日程は決まっていないという。
(2018/12/24 聯合ニュース)


火器管制レーダー照射、いわゆるロックオン状態を5分も続けた
という大問題について、
このブログで書いたように文政権は絶対に謝罪するつもりはありません。

特定アジア、特に韓国には
「相手の欠点や失敗などを指摘すれば、相手が自分より劣っている事を証明した事になり、自分の方が有利なポジション、即ち上位を取れる。マウントを取れる」
という文化があります。

このため、特定アジアは全く関係無い話であろうと
過去を持ちだしてギャーギャー騒いで、
「ウリは被害者ニダ!」
とやるわけです。
嘘をつこうが被害者という立ち位置を取る事を躊躇無くやります。
努力せずに相手より強者の立場を取れるからに他なりません。

で、自衛隊機に対しての火器管制レーダー照射については、
100%韓国側にだけ問題があるわけですが、
そこで謝罪してしまうと「日本に対して自分達の過ちを認めた」
つまり、日本の方が自分達より上の立場になってしまうので
そもそも認めるわけにいかないのです。

あ、日本人的発想で理解しようとしちゃだめですよ。

その上に、ただでさえ中身のない文政権で、
支持率も急落してきているとあっては、
日本側にミスを認めて謝罪するという行為は
韓国の国民情緒が許しません。

筋が通る通らないではなく、
異常な反日教育で育ってきたのが社会の中心世代になり、
日本に頭を下げるという行為そのものが
非難の対象となるレベルなのです。

先に書いたようにそれは韓国のくだらない文化を背景にした
実にくだらない思想が下地にあるところに、
さらに反日教育の成果が乗っかっているので
もうどうしようもないレベルです。

そこで韓国側は日本に責任転嫁するという手に出て来たのでしょう。

ここまでの韓国の言い訳の変遷を見てみましょう。


(火器管制レーダーで自衛隊機をロックオンした)そのような事実は無い 
 ↓ 
レーダーを使用した事実は無い 
 ↓ 
現場海域で通常の任務を行っていただけだ 
 ↓ 
実は北の遭難船舶を捜索していた 
 ↓ 
北の遭難船を探す目的でレーダーを使ったが、
FCSは作動させていない 
 ↓ 
天候が悪かったため全てのレーダーを使った 
 ↓ 
一瞬だけFCSレーダーのビーム上に海自の航空機が偶然入った 
 ↓ 
日本政府に抗議の事実を公表しないよう要求 
 ↓ 
船舶捜索のためのマニュアル通り、
航海用レーダーとFCSレーダーをフル稼働していた 
 ↓ 
P1哨戒機が威嚇してきたのでFCSレーダーのビームを照射し続けた 
 ↓ 
P1哨戒機にFCSレーダーのビーム照射はしていない
 ↓
日本の対応に遺憾を表明するニダ!  ←今ココ


さて、改めてわざわざ駆逐艦を使って
北の遭難船を探す理由がわかりません。

しかも場所は大和堆と言われる日本のEEZの南側だったようです。

11月21日に北朝鮮の不法漁船団を守る為なのか、
韓国の海上警備艦が
日本のEEZである大和堆から
日本の漁船を操業を中止して直ちに出て行くように無線を入れ、
さらに日本の漁船を追いかけ回そうと異常接近したところ、
近くにいた海上保安庁の巡視船が間に割って入って
日本側の漁船を保護したという事件がありました。

日韓漁業交渉が解決しておらず、
韓国の漁船はこの海域で操業することなどできず、
北朝鮮による不法操業を助けようとしたのではないかと考えられます。

困窮している北朝鮮はイカの乱獲も大切な収入源であり、
北朝鮮軍が主導してやっていることがわかっています。

冷凍設備などを持たない北朝鮮のボロ船では
取ったらその場でとりあえず干していけば
なんとかできるイカくらいしか手がないのです。

そこで大規模に大和堆で違法操業を繰り返し、
漁業資源を枯渇させんばかりの乱獲を行っています。

一方で海保は予算が少なすぎて
船も人員も足りておらず、
ただでさえ尖閣周辺で侵略の機会をうかがい続けている中国共産党のために
尖閣の海域に重点的に割り振られている中で
大和堆の警備もしなければならない状態です。

おまけに追いかけていって放水という程度しかできません。

このため北朝鮮側は殺されることはないし、
うまく日本側に上陸したりすれば医療まで受けることが出来て
食事などまできちんと提供されて
北朝鮮に戻ることができるのですから、
放水ごときでやめるはずがありません。

ましてや北朝鮮の大切な外貨獲得源となっていて
軍事作戦になっているわけですから。

さて、話を戻しましょう。

韓国は先月は日本の漁船を大和堆から排除しようとした。

これは事実です。

そして今回は大和堆の南側、即ち日本の漁船なら
おそらく大和堆で漁をするために通るであろう海域に
わざわざ駆逐艦を派遣してきたわけです。

日本の漁船の排除だけなら前回のように
韓国海洋警察を使うでしょう。

それが韓国海軍をわざわざ動員していたわけです。

となると北朝鮮の瀬取りと、
北朝鮮による違法操業を助ける為
この両方を狙った可能性もありますし、
日本のEEZ内で慌てて自衛隊の哨戒機に対して
火器管制レーダーを起動させてロックオン。

追っ払いたかったか注意を逸らしたかったか、
いずれかだと疑うべきでしょう。

韓国側は聞かれてないのに
北朝鮮の遭難船がーとか言い訳を言っていました。

遭難船とかいうのであればやはり海洋警察で済む話で、
駆逐艦を出すのは明らかに不自然です。

となればやはり北朝鮮への
国連決議違反の瀬取りを幇助するために居た。
という可能性を強く疑うべきでしょう。

さて、日本側があくまでも抗議しかしないので
全く話にならないわけですが、
ビザ免除廃止くらいはすぐに措置として取るべきでしょう。

明らかな証拠まであるのに
謝罪しないどころか
日本の方が悪いという話にすり替えようとしているのですから。

日本はむしろこのことを世界に向けて発表したほうがいいでしょう。

彼らがもっとも嫌がるのは
「韓国の軍事統制機能が未開の蛮族レベルである事実が知られること」
です。

素直に謝らないのですから徹底的に宣伝してやるべきです。
日本側から制裁をしないで抗議だけというのであれば
世界に向けて事実を宣伝するべきなのです。

韓国が国を挙げて世界中で
ディスカウントジャパン運動をやっているように。


あ、ちなみに朝日新聞に書かせるとこういう記事になるようです。

【韓国、レーダー照射を否定 譲らぬ日本「分析の結果だ」】
(2018/12/24 朝日新聞)

もろに韓国側の視点で書かれています。

日本側が証拠もなしに言うはずがないでしょうに。
実際の証拠写真を出しているわけですけど、
哨戒任務が専門のP-1が写真だけで証拠なんて言うはずがないでしょう。
下手をしなくても韓国側駆逐艦の今回のロックオンについて
分析の為にいろいろとデータ取りしてあるでしょう。

そして今回日本側は「証拠あるんでその言い訳は通らないですね」
という立ち位置をとっているので
このまま淡々と韓国の言い訳の逃げ道を塞いで塞いでいくべきでしょう。

政府は韓国に阿るろくでもない議員や官僚の圧力に屈しないように。


さて、こんな記事も取り上げておきます。

【経団連、賃上げ目標削除へ 官製春闘に嫌悪感】
 経団連は19日、2019年の春闘指針案を取りまとめ、18年春闘で政府の要請を受けて盛り込んだ賃上げの具体的な数値目標を削除する方針を固めた。経団連として、「賃上げは経営側と労働側の折衝だ」(中西宏明会長)との姿勢を明確に示すのが狙いで、指針には「官製春闘」と呼ばれることへの嫌悪感も具体的に書き込む見通し。安倍晋三首相は19日時点で経済界に対して正式に賃上げ要請をしておらず、19年春闘はこれまで5年連続で続いてきた「官製春闘」の転換点となる可能性がある。

 経団連は同日午前に開いた幹部会合で、経営側の交渉指針となる「経営労働政策特別委員会報告」(経労委報告)について議論した。来年1月に正式決定して公表する。

 18年春闘では、安倍首相がデフレ脱却に向けて3%の賃上げを求めたことを踏まえ、指針で「『3%賃上げ』との社会的期待を意識しながら、自社の収益に見合った前向きな検討が望まれる」と明記していた。19年春闘の指針では数値目標は削除し、景気動向や企業業績、雇用の維持などの観点を踏まえ、各社の収益に見合った前向きな検討をするよう呼び掛ける。賃上げの方法としては、基本給を一律に底上げするベースアップ(ベア)のほか、賞与・一時金や手当など幅広い手法を選択肢とする。

 数値目標を削除するとともに、官製春闘と呼ばれていることへの嫌悪感を盛り込むことで、経団連としては経営者と労働組合が自律的に交渉する本来の春闘への回帰を加速させたい考えだ。安倍首相に言われなくても、継続して多くの企業が賃上げに取り組むことができるかどうか、経団連のリーダーシップが試されることにもなりそうだ。

 安倍首相は14年春闘から経済界に対して、賃上げを要請。19年春闘については、10月に菅義偉官房長官が経団連幹部との会合で「来年の消費税の引き上げを踏まえて一層の努力を期待したい」と賃上げを要請している。【横山三加子】
(2018/12/20 毎日新聞)

数字目標を削除した時点で
「外国人労働者を入れるための法律通させたからもういいや」
という経団連の考えが透けて見えるのですけどね・・・。

ま、肝心な法律の方はというと
この5年で60万人も増えた外国人労働者について
5年で34万人を上限とするなど
「現状より使いにくくなるようにしている」
という法律です。

なぜか
「日本経済は韓国に負ける、安倍が−!」
とかネットで自著などを売ろうとしているブロガーさんが
「移民法がー」なんてマスゴミのレッテル貼りを真に受けて、
M島社長とともにヒステリーを起こしているように見えます。

いままでグレーゾーンで網がなかったところに
とりあえず多少網を掛けて、
外国人技能実習生について「現状より使いにくくする」
という内容なので、
(当然、法務省は運用面で徹底的に締め上げていかねばならないわけですけど)
少なくとも規制がろくに無いままの状態よりはマシでしょと
ブログ主は言いたいです。

あまりうまくいくとは思っていませんが、
水道についてもそうですね。

なにやら完全な民営化であるかのように
こちらの法案についてもマスゴミは内容について
ろくに報じないようにしています。

部分民営化で老朽化してるインフラをなんとか更新できんものかと
そういう希望的観測が含まれる法律なんで
ブログ主はあまり信用してはいませんけど。
すくなくとも水道代がとんでもない価格になるとか
そういう話ではありません。

そもそも、民間が水道を運営するのは
2011年に民主党政権が改正したPFI法によって可能にされました。

当時枝野幸男は官房長官でした。

それでいながら立件民主党の連中なんて
全員でヒステリーを起こして安倍批判に使っていたわけです。

で、今回の水道法の改正はこの民間が持っていく範囲を
すこし狭くしようという法律なんで
これも前述の外国人技能実習生の制度改正と同じく
「少しタガをはめよう」という手合いのものだったりします。

コンセッション方式を採用するにあたっては
運営権などについてそれぞれの市町村の議会の議決が必要とか、
市町村側がPFI法に基づいて料金の範囲を事前に条例で設定する方式になるとか、
最終的に水道事業の認可権は市町村に残しているとか。

すこし調べれば実態は逆であることがわかると思います。

マスゴミは地方のペンションの水道がーみたいな
特殊な事例をもってきて騒ぎますが、
あーいうのは元から
「ペンションを売る為に水道が無かったから30年くらいでドロンするつもりで引いた」
みたいな程度のものがあったりするわけです。

最初からせいぜい数十戸しか顧客がいない。
そういう事業は元々続くはずが無く、
どうやったって30年くらいで水道設備の更新時期になったら
その費用を数十戸で負担することになるわけで
元々の計画がかなり問題がある案件というケースだろうと思います。

当然、地方の過疎地域の水道という問題もあります。
これをある程度統合して広域化させるという事も
今回の法律の狙いの中に入っていたりします。
(うまくいくかは相当きちっとした精査が必要でしょうけど)


最近のマスゴミはとにかく法案の中身を全く報じずに
レッテル貼りによって
政権批判の為の道具にすることばかり考えていると思います。

立件民主党などの反日野党の人達は
テレビ見たり、週刊誌読んだりするくらいで
勉強しませんから、
そのまんまマスゴミの受け売りで騒いでいるだけです。

勉強をしていないので法案の議論ができるはずがありません。
なので尚更「議事進行を妨害すること」だけに注力するのでしょう。





【転載】まだ日本が譲歩すると思ってるようですね




鴻池元防災大臣が亡くなったとのことです。
ご冥福をお祈りいたします。

2015年の安保法政の時の委員長としての立ち回りが特に面白く、
いつもどおり民進党の連中が議事進行が書かれた紙を
奪いに来ると読んでいた鴻池議員は
人気漫画のワンピースのチラシにすり替えたものを用意して
そちらをひったくらせるなんてことをやっていました。

このときは小西洋之(現在は立件民主党会派所属)が
70過ぎの鴻池委員長に2度も飛びかかろうとして
2度目は佐藤正久議員の
集団的自衛拳に叩き落とされた事でも有名です。

ちなみに議事進行を奪うのは
国会審議を妨害する手っ取り早い方法として
民主党が野党の頃から常態化しており、
マスゴミが報道しないのを良いことにやりたい放題です。

また、先に挙げた鴻池委員長の「ダミーを盗ませる」
というやり方は後に他の委員会でも行われる事になり、
山本太郎も議事進行表を奪って大喜びで逃走したらそれが偽物で、
委員長は隠していた議事進行表を出して会議を再開、
気付いた山本太郎は慌てて戻ってきて
こんどは委員長のマイクを破壊するという暴挙に出ましたが、
これもマスゴミがまともに報じる事はありませんでした。

議事進行表を奪うと言えば
枝野幸男とかいうのがやったのは動画もありますので
ご参考にどうぞ。



https://youtu.be/U8cl5QZ3DU8



こんなことを繰り返していながら
懲罰動議を出されないのです。
日本の国会における朝鮮半島であるところの
民主党系の連中に対して大人の対応を繰り返し続ける自民党。

日本は今まで韓国に対して大人の対応ってのを続けましたが、
結果はただいたずらに日本の国益を損ね続けただけでした。

国会でも同じ事がずーっと続いています。
マスゴミが「報道しない自由」や「フェイクニュース」で
彼ら反日勢力を守り続けているせいで
今でもこのやりたい放題は続いているどころか
エスカレートしているだけです。


さて、「24日に差し押さえするからその前に誠意見せろや!」と、
旧朝鮮半島出身労働者のタカリ訴訟の弁護士どもが言っていた件で
24日になったのにぜんっぜん動きがないなー
そう思っていたらこんな記事が。

【近く資産差し押さえ=新日鉄住金、協議応じず−韓国徴用工訴訟】
 【ソウル時事】韓国最高裁が新日鉄住金に韓国人の元徴用工への賠償を命じた判決をめぐり、原告側弁護士は24日、期限までに同社が協議に応じる意思を示さなかったとして、資産差し押さえの手続きを近く開始すると明らかにした。ただ、日韓当局間の協議が行われているため、差し押さえ期日は協議の状況を考慮して決めるという。
 原告側弁護士は4日に東京で記者会見し、24日午後5時までに協議に応じるよう新日鉄住金に要請していた。差し押さえ手続きが始まれば、日本側が対抗措置を講じる可能性も指摘されていたが、原告側は日韓両政府の対応を見守る構えで、対抗措置は当面回避されそうだ。
 原告側弁護士は24日午後5時すぎに「現時点では新日鉄住金が協議に応じる意思はないと判断する」と発表。ただ、新日鉄住金とは「協議を通じた問題解決を望む」と述べ、賠償に向けた協議に応じるよう再び訴えた。
 徴用工訴訟をめぐっては、文在寅大統領は14日、訪韓した日韓議員連盟メンバーとの会談で「十分な時間をかけて、専門家らと解決策を模索していく」と表明。韓国政府は李洛淵首相を中心に対応策の取りまとめに当たっているが、発表は年明け以降になる公算が大きい。
 韓国では、新日鉄住金に賠償を命じた10月30日の最高裁判決以降、日本企業への賠償を命じる判決が相次いでいる。日韓請求権協定で「解決済み」との立場を取る日本政府は、「国際法違反の状態」にあるとして韓国政府に是正措置を求めている。
(2018/12/24 時事通信)

24日がタイムリミットだって宣言しておいて何びびってるんですか?
とっとと差し押さえてくれませんかね〜?

今まで日本は押せば必ず引く、必ず譲歩を引き出せる。
そしてそこには日韓議連と韓国の反日マスゴミが
大きく貢献してきました。

日韓議連の30人がご機嫌取りに行った事で
文大統領をさらに勘違いさせたと思います。

ですが、安倍総理がまず譲歩しませんし。
麻生副総理に至ってはリーマンショックの時に
泣きついてきた韓国を助ける条件として
慰安婦問題を蒸し返さない事を約束させたものの
麻生内閣が低支持率で選挙に勝てない状況を確信すると
すぐに手の平を返して約束を反故にしました。

このため麻生副総理は二度と韓国を助けない立場を取っています。

また、今の日韓議連の面々は竹下派の額賀が実質トップですが、
竹下派が繰り返した裏切りによって安倍総理からの信頼はゼロです。
安倍総理へのまともなコネが全くない状態です。

つまり政府に働きかける力がないわけです。

それでも日韓議連以前に、
反日野党側はほぼ全員が韓国シンパという状況もあり、
日韓議連は国会への悪影響力は強く持っています。
だからこそ韓国への非難決議を阻止できたのです。


一方で安倍総理も河野外相も韓国に譲歩するつもりはなく、
韓国の文政権が考えていたような
日本側が譲歩することで
日本側に自ら日韓基本条約破りをさせて
「条約を破ったのは日本ニダ!請求し放題になったニダ!」
とやるという韓国側の狙い通りに話が動かない状況です。

そのためにわざわざ24日までと期限まで切って
脅しを入れたはずだったのに・・・。


韓国側はこんな事も言いだしています。

【徴用工問題は「最後の棘」 韓国専門家の陳昌洙氏インタビュー 法廷闘争の回避訴え】
 韓国最高裁の「徴用工」判決について、同国の有力シンクタンク、世宗研究所の陳昌洙(チン・チャンス)・日本研究センター長が来日中の都内で産経新聞のインタビューに応じた。陳氏は、徴用工問題が日韓に残る「最後のとげ」だと指摘。「この問題を乗り越えれば両国関係は好転する」とし、「重要なのは国際司法の場で法廷闘争を展開するような事態を避けることだ」と述べた。主な発言は次の通り。

〜中略〜

 日韓では数年ごとに新たな問題が起きる印象があるが、実際には徴用工問題が「最後のとげ」だ。徴用工問題で徹底的に「けんか」をし、双方が、両国の衝突には代償が大きすぎることに気づくのではないかと楽観している。(時吉達也)
(2018/12/24 産経新聞)


最後のトゲだなんて言って
「これで最後だから日本はこれで譲歩すればもうこれ以上はたかられずに済むんだぞ」
というあからさまな嘘をついています。

彼らが偉そうに助言してきたときは100%嘘です。
無視しましょう。

むしろ嘘をつかないなんてありえないですから、こいつら。

また、「楽観している」なんて
相変わらずいずれは自分達の都合の良いように話が進むと
まだ日本が譲歩させられる未来を疑っていないという事もわかります。

嘘つきだとバレたら嘘は通じなくなるものなのですが、
韓国側は理解していないのでしょう。

日本の反日マスゴミや反日活動家が
世論をミスリードし続けていると
まだ思っているのだろうと思います。

そんなんだったら民主党が分裂なんてしてませんよ。


そうそう、北朝鮮関連では米国でこんな動きがありました。

【北朝鮮に5百億円賠償命令 米大学生死亡で地裁 「拷問を受け殺害された」】
 北朝鮮で拘束され、帰国直後に死亡した米国人大学生オットー・ワームビア氏の遺族が北朝鮮政府に賠償を求めた訴訟で、米首都ワシントンの連邦地裁は24日、北朝鮮に5億100万ドル(約550億円)の支払いを命じた。米メディアが報じた。

 北朝鮮で拘束中に昏睡状態に陥ったワームビア氏は2017年6月に帰国直後に死亡した。両親は今年4月、「息子は北朝鮮の金正恩政権による容赦ない拷問を受け殺害された」として、北朝鮮に10億ドルの賠償を求めて提訴した。(共同)
(2018/12/25 産経新聞)


これで米国が金王朝の海外の隠し資産を差し押さえるためのカードが一つできました。
しかもこのカードは北朝鮮がなにかほざこうとも
「民間のことだし、司法が決めた事で政府がやっていることではないから介入できないですね」
と言って突っぱねる理由がセットになっています。
便利なカードだと言えます。

これで金王朝をさらに締め上げる事が可能になりますね。
北朝鮮は国家予算3000億円強の国です。
500億円という数字は超がつく大打撃になります。

また、北朝鮮の経済規模の小ささ、
その発展の遅れっぷりを考えれば
「南北統一なんてしたら経済崩壊で朝鮮半島が大混乱に陥る」
という材料に十分すぎるものなのですけどね。

文大統領を筆頭に、
南北統一すれば労せず念願の核武装まで手に入って
日本を核で脅してさらに踏みつけてぐりぐりして
ホルホルし続けられるし、
他の周辺国に対しても脅しができるようになって
バラ色の未来ニダと考えている一派がいます。

妄想と現実の区別が付かず
都合の良いことばかり考えるのは彼の国の国民性です。



そうそう、野田佳彦も年明けには
立件民主党に合流する予定ということで
立件民主党の枝野幸男が
「消費税増税反対が条件だ」
とか言いだしています。

消費税増税法案を成立させたのは野田内閣で
その時に枝野幸男は閣僚の一人で署名してるんですけどね。

おまけに2014年には
「消費税増税から逃げるな。増税を延期するのなら解散して信を問え!」
「どうせ解散しないで逃げるつもりだろう!」
等々、
江田憲司、海江田万里、岡田克也、枝野幸男、
とにかく出てくる民主党の議員達が揃って
「消費税増税しろ!増税延期なら解散して信を問え!どうせ逃げるんだろう?」
と、安倍総理に対して散々挑発を繰り返しました。

野田佳彦に至っては「私との約束を守っていない!」
と偉そうに国会で説教を垂れて増税しろと要求しました。

それならと安倍総理が
「消費税増税延期のために解散します」
と解散に打って出たら
「なんで解散したんだ!」「この解散には大義が無い!」
だの解散されたことに狼狽して
マスゴミとともに解散を決断した安倍総理を一斉批判していたことも
ついでに思い出してあげるといいでしょう。


消費税増税について
主犯である野田佳彦とそのお仲間が
立件民主党に再び結集する予定となっています。

ついでに言えば民主党政権で
辺野古移設を決定した内閣の閣僚達でもありました。


こんな民主党系の連中に投票している人達って
時系列で物事を考える能力が無い人達なのでしょうね。






【転載】民主主義への冒涜でしょ


まずは小沢一郎メソッド実行中の大阪維新から。

【大阪知事ら、公明の都構想協力なければ辞職】
 松井一郎大阪府知事と吉村洋文大阪市長が公明党府本部幹部に対し、大阪都構想の住民投票実現に協力しない場合、辞職して来春の統一地方選と同日のダブル選に挑む意向を伝えていたことが24日、大阪維新の会幹部への取材で分かった。
(2018/12/24 共同通信)

2015年の住民投票を実施した際には
「都構想の住民投票はこれが最後」
と言っていたのが維新でした。

そして住民投票を実際に行って大阪都構想は僅差で否定されました。

自分たちの願望がかなうまで住民投票を繰り返すのであれば
これほど民主主義をなめた話はありませんし、
維新の会は無駄を削減するという事だけが実質的な売りになっている政党です。

住民投票には多額の税金がかかるわけで、
大阪都構想が実現するまで繰り返すのは
維新の会による大阪の税金の無駄な浪費そのものであると言えますし、
無責任極まりない話です。


大阪都構想で1兆円の経済効果なんて
橋下信者はいまでも信じているようですが、
大阪府議会で設置された調査委員会の結果、
そんな数字がないことが大阪府議会で指摘されてしまい。
年間1億円とか数億円とかその程度の現実的な数字となってしまいました。

そこで新たに目標数字を作って
10年で1兆1000億円の節約効果。
などと詐欺のような言い回しまで出す始末でした。

二重行政の解消をしたからといっても
必要なコストはやはり必要となるわけです。

大阪維新が狙っているのは
「既存の枠組みをリセットすることで生まれる間隙を利用して自分たちの利権を付け替えること」
この程度でしょう。

最初に吹かすだけ吹かしていた嘘の経済効果で
勢いで実現させようとしたものの
数字を精査されて
「まず先に数字を作ってそれに合わせるための計算をなんとかかんとかやろうとしていた」
という実態が暴露されてしまった時点でこの話はおしまいなのです。

にもかかわらず、
こんどは別の数字を言い出して
(これも先にこのくらいならいけるだろという数字を考えて出しているだけ)
ものすごい経済効果があるから大阪都構想を実現しなければいけないんですよと。

「大阪都構想を実現させちまえばこっちのもの」
という考えから出ていると見るべきでしょう。

テリー・ファンクや大仁田厚の引退と、
小沢一郎の引退予告みたいなものでしょうね。
「これが最後」と言いつつ絶対に最後にならないパターン。
毎日閉店セールやってるお店みたいなものでしょう。

小沢一郎は選挙の度に
「これが最後のご奉公だ。これで負け(政権後退できなかったら)たら僕は政治家なんかやめて田舎にもどって静かに暮らす」
みたいなことをなんども言ってきましたが、
76歳になる現在においても次の選挙も出る気まんまんです。

これで最後とか言って否決されたのに
可決されるまで同じネタを出し続けるのは
それこそ民意に対する冒涜でしょう。


お次は元東京地検で弁護士、作家の落合洋司氏のツイートから

https://twitter.com/yjochi/status/1077148129063890944
落合洋司 @yjochi 
テレビに出て、ゴーン氏の特別背任は先行き厳しい、有罪無罪は五分五分くらいではないかと 
いう話をしてほしい、と某テレビ局から言われ、特捜部はそれなりの証拠を確保して着手しているはずで、 
8割、9割くらいは有罪だと思うと言ったら、出演は無しになった。笑 

1.jpg



いまのマスゴミ報道を見れば
「ゴーンを拘留し続けている日本は世界から見れば非常識極まりないと批判されている」
みたいなことを盛んにやっています。
どうせフランスから小銭もらってやってるのか
みたいに思っておいてちょうど良いようです。

そもそも一定額以上の役員報酬は有価証券報告書に記載しなければならない
というところを不記載にしていた時点でアウトなんですよ。
そして自由にさせたら確実に証拠隠滅に突っ走るのは目に見えています。

実はゴーンの取り調べに時間がかかっているのは
マスゴミとフランスのせいだったりするんです。

とにかく毎日代わる代わる面会ということで
そちらに時間を割かれてしまって、
面会が終わったらようやく取り調べ
みたいな状況なんです。

フランスと言えば金持ち貴族は捕まらないという
中世から続くフランスの腐敗の伝統を守ってるので
今回のゴーン逮捕にむしろ一般のフランス国民は
「あれがフランスならすぐに釈放で無罪にされている。」
と、日本はまともな国だという意見が出ているような状態です。

IMFだってフランス人のラガルドが
中共の人民元を
為替操作実行中の人民元を
国際通貨バスケットに入れようと主導したわけですしね。

マスゴミで世論を作る事で
司法が動きにくいようにさせるというのが
今まで日本のマスゴミがやってきた手法で
それは今も全く変わりません。
むしろ悪化しているのではないかと思います。


マスゴミは
「世界では〜」
というような言い回しをよく使いますが、
マスゴミの言う世界が
ごく一部の国や地域に限定したものであるケースの方が
あたりまえになってしまっています。

ここは日本だ。よそがどうしたって?

それだけの話なんですよね。

おまけに「〜〜では」みたいなこと言っている時は
そのことが事実であるかまず疑わなければいけない状況なんですしね。


少し似たようなパターンの記事がありますので
こちらの時事通信の記事を取り上げます。

【【地球コラム】キャッシュレス進む中国、周回遅れの日本】
(2018/12/23 時事通信)

空港のATMから偽札が出てくるのが支那なんです。
偽札なのでATMに戻すこともできません。

ということは補充用の紙幣束の時点で偽物が混ぜられていると
そう解釈したほうがいいと思います。

金融機関の中の人が偽札を使って
お金のちょろまかしをやっているとそう疑えるのです。

こんな状況だからこそキャッシュレスが異常に進んだだけです。

電子化したことに対応して
QRコード詐欺なんかも問題になっています。

災害が起きて通信、電気などのインフラが
きちんと復旧していなかったら現金しか手が無いわけですし、
偽札だらけの支那と紙幣について高度な技術を有している日本とでは
比較にならない話です。

とは言え、ある面では周回遅れな部分もあります。
電子マネーがあまりに乱立しすぎていて
日本はまずそちらの方を整理する方が先になるでしょう。

「XXは進んでいる。日本は遅れている。恥ずかしい」
みたいな話はマスゴミさんがとても大好きで
何十年と繰り返していたパターンと言えます。

そして「だから日本もXXXしろ」みたいなオチがくるんですよね。

アメリカじゃテレビ、ラジオ、新聞の
クロスオーナーシップは禁止なんだから
日本も同じようにしろなんて日本のマスゴミは口が裂けても言いませんね。
クロスオーナーシップと記者クラブメディア談合こそが、
彼らマスゴミの力の源泉でした。

だからクロスオーナーシップの問題は絶対に触れませんね。
米国じゃ禁止は常識なのにね〜。


お次はいろいろと問題しかないソフトバンクの集金paypayについて
こんなツイートがありました。

(ツイートリンク先)



2.jpg


さすがはクレカ犯罪支援ツールのぺーぺーですね。
中身もぺーぺー・・・。

提携先に加盟してないのに加盟店として紹介されているということは
他にも「こんなにいっぱい加盟店あるんだぞ」
という株価対策に名前を利用された店がありそうです。




【転載】NHKの言う海外って(笑)


まずはひげの隊長こと佐藤正久外務副大臣のツイートから


https://twitter.com/SatoMasahisa/status/1077794023803301888
佐藤まさひさ(正久)@SatoMasahisa
【次期3千トン級潜水艦の基本設計完了 19年後半から建造予定=韓国】
韓国の発表では、本艦は「全方向からの脅威に対応」する為に建造し、かつ射程500kmの弾道ミサイル6発搭載可能という。果たしてこの潜水艦の主敵はどこなのか?思わず、首を傾げてしまう。


d0044584_13501938.jpg


はい、この指摘の通りなんです。
韓国がイージスシステムのない自称イージス艦などを作った上に
海軍力の増強にやたらと力を入れているのは
「日本を侵略するため」
ですからね。


特に北朝鮮の傀儡の文在寅は北朝鮮の手先として
北朝鮮主導による南北統一を進めています。

それでもなお軍事力強化、特に海軍力などの強化へ傾注しているのは
韓国が日本を敵国として設定しているからに他なりません。

ちょうど韓国の東亜日報からこんな記事が出ています。
【国防白書から「北朝鮮軍は敵」を削除】
(2018/12/26 東亜日報)

文大統領は自身の政権では初となる国防白書について
「北朝鮮は我々の敵である」
としてきた従来の記述を削除させる事を決定したとのことです。

露骨すぎですが、
これで
「それじゃどこを敵として海軍力増強に力を入れてるの?」
という問に回答を出したようなものでしょう。

かつて盧武鉉政権の時に米軍に対して
「こんどの演習では日本を仮想敵国に設定して演習しよう」
と呼びかけて顰蹙を買う程度には日本を攻撃する意図を持っています。

その盧武鉉の最側近として
盧武鉉政権を取り仕切っていたのが文在寅です。

文在寅としては20年前から親北反日、日本は敵国
という基本政策方針から全くブレていない。
と言ったところだろうと思います。


ひたすら反日に突き進み、
世界中で日本を貶める活動を国策として進め、
挙げ句日本を敵国に設定して
さらに日本への攻撃能力ばかりを強化しているのが韓国です。

こんなのをいつまでも
「友好国なので」「日韓の友好関係を崩してはいけない」
などと日本が抗議や非難をするのを妨害してきたのが反日議員や外務省でした。

韓国は日本を敵国としている立派な日本の敵なのですから、
韓国にばかり優遇策を続けている事は異常としか言えません。
敵国を援助する国はいずれ滅びることになります。

外務省がやってきたのは時間をかけてじっくりと
日本の外交カードを内部から潰す行為だと言っていいでしょう。
行き着く先は亡国です。


外務省といえば、
先のIWC脱退をずっと阻止し続けてきたのもIWCでした。

IWCからの脱退が持ち上がる度に
国際連盟からの脱退の話なんかを持ち出してまで
脱退することはマイナスばかりしかないというような主張をしていたようです。


そもそも商業捕鯨について資源管理という名目だったものが
クジラは頭が良い生き物だから殺す日本人は野蛮極まりない蛮族だと
そういう意味不明な理由に理由が変遷していった時点で
「資源管理ではなく捕鯨阻止を名目にして人種差別がしたい」
「畜肉を日本の買わせたい」
というところがその目的だったと言っていいでしょう。

本質的には人種差別をしないと生きていけないですから、欧米は。
それを逆手に取って悪用しはじめたのがポリコレですしね。

IWCだって賛成多数が確実になると
途端に捕鯨どころか下手をすれば海洋漁業と縁もゆかりもない国を
大量に参加させて商業捕鯨再開阻止をしてきたのがIWCです。

実質的には日本を叩いて悦に入りたい連中のための団体で、
日本が抜けるとそのアイデンティティそのものが消滅する団体です。

そんなIWCからの脱退をずーっと阻止し続けてきたことで
逆に日本を悪者にする宣伝に使わせ続けたのが外務省です。

外務省の哲学である
「日本が我慢していれば相手の機嫌を損ねずに済む」
が見事に表れていると言っていいと思います。


日本以上のクジラの水揚げらしい韓国は
「たまたま網にかかってるだけニダ」
と言い張っています。

IWCもグリーンピースは韓国を非難したらいかがでしょうかね?


そこでお次はIWCからの脱退を扱ったNHK
(特定アジアの工作拠点になっている反日放送局)
のニュースから。

【IWCから脱退表明 海外の反応は】
政府がIWC=国際捕鯨委員会から脱退し、来年7月から商業捕鯨を再開することを表明したことについて、海外の反応です。

「極めて失望」豪外相と環境相が声明発表
反捕鯨国の中でもとりわけ厳しい立場で知られるオーストラリアは、ペイン外相とプライス環境相が共同で声明を発表し、「極めて失望している。日本の決定は残念であり、オーストラリアとしては、日本に、IWCに戻ることを優先的に検討するよう促す」として、IWCに速やかに復帰するよう働きかける考えを示しました。

そのうえで、「わが国は、いかなる形の商業捕鯨にも、いわゆる『科学的』な捕鯨にも反対していく」として、商業捕鯨に加えて、科学的な根拠に基づく調査捕鯨にも反対し続ける方針を強調しました。
グリーンピース「海洋生態系保全に取り組むべき」
国際的な環境保護団体「グリーンピース」は、日本政府を非難する声明を発表しました。

この中で、グリーンピース・ジャパンのアネスリー事務局長は「日本政府は、世界のメディアから注目を浴びないように、年末にこそこそと発表した。日本政府は、商業捕鯨を再開するよりも、海洋生態系の保全に速やかに取り組むべきだ」と主張しました。

そのうえで、「多くの種類のクジラはまだ生息数が回復していない。世界の海は、乱獲に加えて、酸性化やプラスチックごみによる汚染のような危機に直面している。日本は、海洋資源に大きく頼っている国として、こうした海の問題の解決に向けて取り組むことが不可欠だ」と訴えています。
(2018/12/26 NHK)


「世界の反応」などと言いつつ
カンガルーは殺しまくっているオーストラリアと
エコテロ団体としておなじみグリーンピースの主張。

この2つだけしかありません。

NHKにとっては「海外」とは
どうやら英国の罪人の流刑地オーストラリアと
エコテロ団体の2つが「海外」ということらしいです。

ミンククジラなどは逆に増えすぎていて食物連鎖のバランスを崩している
という指摘もあるわけです。

数が増えすぎているのにその魚種だけ絶対に取らないということをやれば
当然のオチではあります。

あ、ちなみにオーストラリアはカンガルーの駆除割当数を
約800万頭としています。

カンガルーの生息数は推定5000万頭とはなっていますが、
10年前には大規模な干ばつの影響で2300万頭にまで数を減らした
なんて話もあるようですから、
毎年約800万頭もの駆除数を割り当てているオーストラリア政府は
カンガルーなら絶滅しても気にならないでしょうね。

さすがはアボリジニ狩りをやってただけのことはあります。


続いてお次もNHKの偏向記事から

【日韓合意から3年 関係悪化で実施はさらに難しい情勢】
慰安婦問題をめぐる日韓合意から28日で3年になります。しかし、合意に基づいて設立された財団の解散を韓国側が一方的に発表したことに加え、「徴用」をめぐる判決などで日韓関係は急速に悪化していて、合意の実施はさらに難しい情勢となっています。

日韓両政府は3年前、パク・クネ(朴槿恵)政権当時、慰安婦問題が「最終的かつ不可逆的に」解決されたことを確認し、日本政府が10億円を拠出して元慰安婦を支援する財団を設立することなどで合意しました。

しかし、ムン・ジェイン(文在寅)政権になると、韓国政府は合意の交渉過程を再検証する作業部会を立ち上げ、「被害者の意見を十分に集約しなかった」などとする検証結果を示し、先月、一方的に財団を解散すると発表しました。

日本政府は国際社会に対する責務だとして合意の着実な実施を求めていますが、今月24日に行われた両国外務省の局長級協議でも具体的な議論は行われませんでした。

さらに、韓国政府は太平洋戦争中の「徴用」をめぐる判決への対応策を示していないほか、韓国軍による自衛隊機へのレーダー照射の問題も起きるなど日韓関係は急速に悪化していて、慰安婦問題をめぐる日韓合意の実施はさらに難しい情勢となっています。
(2018/12/28 NHK)


・慰安婦問題は最終的かつ不可逆的に解決した。と合意した。

・日本側は約束どおりにお金を出した。

・日本が支出したお金の一部は自称元慰安婦の手に渡っている

日本側は全く問題ありませんね。きちんと合意どおりに動いています。

韓国側はというと合意からずっと
韓国側が合意事項を履行しないで先送りし続けてきました。

全くの別件であるレーダー照射問題などを無理やりからめて、
これを理由にして
「合意履行難しくなったわー、つれーわー」
なんて話を勝手にNHKがやっているという記事です。

さすがは特定アジアのプロパガンダ機関、反日工作の拠点であるNHK
と言ったところでしょう。

普通なら
「合意から3年。いまだ履行する姿勢のない韓国」
というタイトルにならないとおかしいのです。

その上で履行を求める姿勢が足りない日本の外務省を非難すべきだと
ブログ主は考えます。

しかし、NHKの記事は韓国側の合意無視をいかに正当化するか
という立ち位置から書かれた事がはっきりわかる内容となっています。

しかも勝手にレーダー照射問題だの旧朝鮮半島出身労働者のタカリ問題など
全く別の話を持ち出してきて、これをからめて
韓国が合意をいつまでも履行しないことの理由にしています。
お話になりません。






【転載】謝罪しなければより酷い事態になるだけなのにね


米国で国境を無理矢理越えて入ろうとした子供が死んだだのなんだの
欧州への移民を加速させた「子供の死体がうんたらかんたら」
みたいなのと同じで感情論で移民流入を強行させようとしています。

あの不法移民団の移動などの資金は
ジョージ・ソロスが支援していることが知られていますが、
欧州でもゴリ押しできたから同じ手でいこうという魂胆でしょう。

日本で騙される情弱も出るのではないかと思うので
書いておきますが、
まず不法入国は名前の通り違法行為です。

日本のマスゴミは特にこの部分を隠して騒ぎ続けていますが、
トランプ大統領は正規の手続き踏んでくるなら歓迎すると
最初から言い続けています。

オバマ前大統領や民主党のように
不法入国者を優遇することは
真面目に頑張って正規の手続きを取ってきた人達に対する不当な差別です。

次に、メキシコとの国境部分は乾燥地帯であり、
そんな中で何時間も歩き続けるのは過酷なものとなります。
国境を超えたとしても
砂漠地帯で脱水症状などから死に至る人も少なくありません。

こうした状態ですから、たとえば岩陰などで動けなくなっている人を
米国側の国境警備の人達が見つけてとりあえず医療施設へ収容する
というのも日常茶飯事です。

当然ながら医療施設へ収容されても手遅れで亡くなる人もいます。

小さな子供を大人ですら死にかねない環境で連れ回せばどうなるか、
少し考えれば誰でもその悲惨な結果が理解出来ると思います。

従って国境を越えた不法入国者の子供が拘束された後に死んだ
みたいなのは、死にかけの所を保護したけど間に合わなかった。
というのを言い換えただけの可能性が極めて高いという事です。

日本のマスゴミはこうした地理的条件も
まともに取材しないので報道しないのではなく
理解していないのではないかとすら思います。


さて、韓国の駆逐艦が日本の哨戒機に対して
火器管制レーダーを照射した件で、
小中華思想を背景に持っている韓国は
絶対に日本に謝罪しないために嘘を次から次へとならべ
あろうことか日本が嘘をついていると抗議し、
韓国メディアも英語圏に向けて嘘をばらまく
韓国政府広報誌となって一緒に嘘で日本を悪者にしようとしています。

これに対して防衛省は映像の一部公開を行いました。



https://youtu.be/T9Sy0w3nWeY



公開された動画では
韓国の駆逐艦とは別により大きな韓国海洋警備艦サンボンギョもあり、
さらにはすでにゴムボートを出して北朝鮮漁船へと
アプローチをしている最中だったことがわかります。

また、海もべた凪、天気晴朗と来ています。

・天気が悪くて云々 →嘘
・波が高くて云々 →嘘

さらに日本の哨戒機は超低空飛行や異常接近などしておらず、
距離も遠すぎるということもない適切な距離を保っていたと言えます。
したがって

・電波が遠くて何を言っているかわからなかった →嘘
・日本の哨戒機が異常接近してきた →嘘
・日本の哨戒機が威嚇してきた →嘘

さらに韓国は日本側が韓国の海洋警察と言っていたとかいうのも
その無線のやり取りの音声から嘘だと裏付けられました。

軍艦旗を隠して作戦行動中という
なぜか国籍を隠していた韓国艦のロックオンという
異常な行動に対して海上自衛隊の隊員達が
極めて冷静に判断して対処していること、
練度の高さがうかがえる動画でもありました。

韓国側はこれに対してレーダーの音が聞こえないから偽造だとか
「救助活動に集中していた韓国艦艇に日本の哨戒機が低空飛行。友邦国として大変失望する」
とか
「日本の英語の発音が流暢でないから何を言ってるのか聞き取れなかった。」
(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39533770Y8A221C1EA1000/
などと言い出しています。
(https://m.news.naver.com/read.nhn?mode=LSD&sid1=100&oid=001&aid=0010550924

見苦しい言い訳で
今後日本政府側は少しずつ証拠を出していくとしています。

韓国側は一つ一つ着実に退路が塞がれている
という事実を理解しようとせず、
なんとしても日本に謝らないために嘘を繰り返し続けるようです。


今回、映像を公開されてさらなる疑惑が出たと言えます。
こちらの画像をご覧ください。
d0044584_13133494.jpg



すでに北朝鮮の漁船に対してアプローチ中で
北朝鮮の船から遭難信号があったから全部のレーダーを使って云々
などという言い訳も嘘である事がわかります。


大和堆まで北朝鮮の母船が牽引してきて切り離して
イカの違法な漁をやらせているあの漁船に見えますが、
すでに日本に漂着、回収されているそれらの船には
最低限の漁具等しかなく、遭難信号を出すような装置さえない
というものでした。

もし、北朝鮮の漁船が遭難信号を出したというのであれば
それがこの漁船だけは遭難信号を発信し続ける為の機器を積んでいた
ということになります。

また、日本の領海近く、日本のEEZ内なのですから
韓国の警備艇などは日本側に連絡して対処を求めるのが筋です。

ですが「日本にバレないように隠密作戦行動中だった」
と呼ぶべき状況になっていたわけです。

北朝鮮の漁船は規模を考えれば瀬取りの可能性はほぼないでしょう。

ですが、能登半島沖という位置を考えれば、
漁船に見せかけた北朝鮮の工作員の日本への侵入活動を韓国軍が支援していた。
という可能性を疑えますし、
北朝鮮からの脱北者が日本に到達する前に捕まえて
北朝鮮に送り返すということをやるために
隠密作戦行動中だった可能性。

ここも疑っておかなくてはなりません。

いずれにせよ、
今回の日本の哨戒機が収集した情報は
即座に米国と共有されており、
韓国が国連安保理決議違反を行って北朝鮮を支援していた、
あるいは北朝鮮と共同の作戦を行っていた。
という可能性も大いに疑えるものであり、
今後自衛隊が収集していた情報が詳らかにされていくなかで
韓国の国連安保理決議違反を決定づけるものが出てくるかも知れせん。

一方でマティスをクビにした米国のことも忘れてはいけません。

マティスよりもさらに急進的に韓国を切り捨てる
という判断をトランプ大統領が取る可能性が高まったと言えます。

韓国が素直に謝っておけばまだ済むからこそ
日本側が情報を全て公開するにはまだ至っていない
という可能性を大いに考えておくべきですし、
トランプ大統領が韓国を切り捨てる事を前倒しする可能性もありえます。

そうなれば日本が独自の安全保障体制を急がなければなりません。
朝鮮半島に混乱が発生すれば
過去の歴史通りに大量にニダーランドから不法入国者
あるいは観光名目でそのまま居座ろうとする不法滞在者が
大量に入ってくることになるでしょう。
そうした不法入国への取り締まりを強化しようと
安倍総理が入管法改正を急いだという見方もできると思います。


ちなみに韓国メディアはというと、
次から次へとニュースを投稿し続けており、
わざと日本語版には出していない記事もあります。

たとえば以下の聯合ニュースの英語版記事では

https://en.yna.co.kr/view/AEN20181228008554315

Japanese government appears to be trying to divert attention from its waning public support

「日本政府は支持率下落から注意を逸らそうとしている」
などという文で記事を結んでいます。

つまり韓国は海外向けに
今回の事は支持率低下にあえぐ安倍政権が、
支持率低下を誤魔化す為に韓国を使って嘘をついている
というわけです。

今回の事件で韓国の嘘つきぶりが
誰の目にも明らかな形として出たと思います。


ちなみに安倍政権側がそのまま韓国のいつもの
「嘘をついたぶんだけ得をする」
なんてやり方をそのままにしておくことはないようです。

映像の公開に合わせて防衛省が
英語版のツイッターアカウントを開設しました。

また、防衛省が英語でツイートして
英語版の字幕にした動画もアップロードしています。
以下のツイートは拡散していきたいところです。
https://twitter.com/ModJapan_jp/status/1078565700287905792


今回の韓国海軍の火器管制レーダー照射事件は
日本の民主党政権のように
韓国の数々の反日行為を
民主党政権が箝口令を敷いて
日本人に知らせないようにしていた頃とは違います。

韓国が謝罪しないのであれば
韓国へ経済制裁が行われるように私達も応援していきましょう。

まぁ、当ブログでは「とっとと制裁しろ派」ではありますが。


【転載】むしろ官邸が決める方が正しいんですが?




韓国海軍による自衛隊哨戒機へのロックオン事件について
立件民主党も日本共産党も完全に無視しています。

何か都合が悪いのでしょうか?(棒読み)

韓国が戦争の危機を煽ったんですよ?

普段「平和」だの「戦争の危機を煽るな」だの
(※連中はおそらくピンフを「へいわ」と間違って読んでいるだけと思われます)
安倍総理の発言の単語一個を抜き出してまで騒いでいるくせに
もろに戦争の危機を煽った韓国軍の行為を
批判しないどころか完全に無かった事扱いとは
なんででしょうかねー?(棒読み)


昔、とあるビールのCMでざこば師匠が
「川藤ださんかい!」
とテレビに向かって叫んで、
代打で川藤が本当に出て来て
「ほんまにだしてどないすんねん」
と言ってたCMがありました。

いかにも関西のおっちゃん的なノリだなとよくわかるのですが、
今回の事件での韓国はというと
「証拠ださんかい!」
と啖呵を切っておいて証拠を出したら
「そんなものは証拠じゃない!捏造だ!」

この往生際の悪さ。

似たような事例はいまでも続いてるのがありますね。

安倍総理「私はこの件関係ないんですが?」
反日野党「嘘をつくな!無実の証拠を出せ!」
安倍総理「それ悪魔の証明じゃないですか」
反日野党「証拠を出せないということはやはり真っ黒だ!安倍は権力を濫用している!」
安倍総理「いや、そもそも認可について国家戦略特区で決めてる議事録あるでしょ」
反日野党「そんなものは証拠にならない!言い訳をするのなら無実の証拠を出せ!」

自分達のデマが否定される証拠については証拠として絶対に認めない
というのが日本のマスゴミと反日野党のやってきたことでした。
特定アジアに立脚している人達ですので
思考回路が全く同じであっても驚きません。

すでにバカ過ぎる議員しかいなくなっていて
民主党と同レベルになっている
日本共産党は来年の通常国会でもモリカケをやる宣言しています。
モリカケだけで3年目ですか・・・
さすがどうしようもなく頭が悪くなければ
共産党員になれない日本共産党。
頭の悪さをアピールすることに必死なのでしょう。


ついでにもう一つのパターンも挙げておきますね。

ω(香川2区)「日報を出せ!」
稲田大臣「軍事機密に関わる部分は黒塗りになるけどいいの?」
ω「それでいいから出せ!」

〜日報の写しを提出〜

ω「なんで黒塗りだらけなんだ!ふざけるな!」



ω「TPPの交渉内容について資料を出せ!」
担当職員「交渉妥結まで非公開なのでほとんど読めませんよ?」
ω「それでいいから出せ!」

〜交渉内容の資料提出〜

ω「政府からTPPの資料がやっと出て来たが真っ黒けだ!もはやのり弁だ!」


わざと切り取った情報を流して騒ぐのが目的で
そのために平気でだまし討ちをするような
そういう性根の腐ったところがωの特徴ですね。



では産経の記事から。

【死刑判決」を外交カードに利用する中国、唐突に上訴審公表】
 【北京=西見由章】カナダ司法当局による通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)幹部の逮捕をめぐり、報復としてカナダ人の拘束を続けている中国当局が、今度は薬物密輸をめぐる「死刑判決」を外交カードとして利用し始めた。

 遼寧省の高級人民法院(高裁)が唐突に発表したカナダ人男性、ロバート・シェレンベルク氏の上訴審だが、1審判決の時期や内容については全く公表されていない。華為事件を受けて、死刑ではなかった1審判決に対して検察側が上訴し、死刑判決を下す「選択肢」を意図的につくりだした可能性すらある。
(2018/12/27 産経新聞)

中国のスパイ行為のための企業であり、
国策ダンピングによって世界中の市場を荒らしているファーウェイの
孟晩舟が逮捕された件で
中国共産党はお得意の人質作戦として
カナダ人を逮捕しました。
さらにそれでは足りず二人目も逮捕し、
三人目も逮捕したと報じられています。

そしてあっという間に全面非公開の裁判で懲役刑が決まり、
それでもカナダが孟晩舟の国外逃亡を見逃そうとしないために
すぐさま二審(当然ながら全面非公開)で死刑判決が出されました。

これが中国共産党のやり方です。

そしてメイドインチャイナ2025で書いたとおりに
あと6年以内に技術を吸い取って切り捨てるわけです。

米中対立がはっきりし、
日本側が取るべき立ち位置は中共側ではない事は
考えなくてもわかる話です。

ですが、こんな中でも
「うちは大丈夫だから」
という意味不明な過信によって支那から手を引こうとしない
愚かすぎる日本の経営者がいるのですから頭の痛い話です。

民主党政権のときに中国共産党がお得意の人質外交として、
日本企業の社員を拉致した事実があるというのに。


お次は時事通信の記事から取り上げます。

【渋る防衛省、安倍首相が押し切る=日韓対立泥沼化も−映像公開】
 韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題をめぐり日韓の主張がぶつかる中、防衛省が「証拠」として当時の映像の公開に踏み切った。同省は防衛当局間の関係を一層冷え込ませると慎重だったが、韓国にいら立ちを募らせる安倍晋三首相がトップダウンで押し切った。日本の正当性を世論に訴える狙いだが、泥沼化する恐れもある。

 防衛省は当初、映像公開について「韓国がさらに反発するだけだ」(幹部)との見方が強く、岩屋毅防衛相も否定的だった。複数の政府関係者によると、方針転換は27日、首相の「鶴の一声」で急きょ決まった。
 韓国政府は11月、日韓合意に基づく元慰安婦支援財団の解散を決定。元徴用工訴訟をめぐり日本企業への賠償判決も相次ぎ、首相は「韓国に対し相当頭にきていた」(自民党関係者)という。
 そこに加わったのが危険な火器管制レーダーの照射。海自機への照射を否定する韓国の姿勢に、首相の不満が爆発したもようだ。
 首相の強硬姿勢は、2010年9月に沖縄県・尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件で対応のまずさを露呈した旧民主党政権の教訓も背景にある。
 当時、海上保安庁が撮影した映像を菅内閣は公開せず、海上保安官がインターネット動画サイトに投稿して騒ぎが拡大。首相は13年12月の党首討論で「出すべきビデオを出さなかった」と批判した。政府関係者は今回の首相の胸の内を「後で映像が流出するのも嫌だから『出せ』と言っているのだろう」と解説した。
(2018/12/28 時事通信)


記者クラブ談合でしか記事を書けない
我が国の反日マスゴミですが、
安倍総理については
<権力を己の欲望のままに振り回す悪しき独裁者>
という設定にしています。

それだったらひたすら国会で審議妨害をしている
反日野党の連中を無視して話を進めるでしょうにね。

それこそ民主党政権のときにやった
審議すら認めない強行採決10連発
のような事をやっている事でしょう。

国会でギャーギャー大声で叫び続け
委員長におとなしくするように言われても
これを無視して騒ぎ続ける幼稚園児未満の集団に
我慢しながら毎日国会に立つ総理大臣。

どこが暴君扱いされる要素があるのか。

むしろ共産党、社民党、民主党系3党、自由党の
いわゆる反日野党連合の方こそ
モンスタークレーマーとして指弾されるべき対象でしょう。

それに、民主党政権のときに
陛下への引見を強引に割り込ませた小沢一郎の方が
間違いなく
<権力を己の欲望のままに振り回す悪しき独裁者>
ですけどね。

記事の解説に戻ります。
マスゴミお得意の「関係者」という単語は
取材している記者本人を含みます。

時事通信としては
今回防衛省が映像を公開したことを
いかにして誤魔化すかと考えて
「よし!独裁者安倍が暴走したということにしよう!」
と、こういう記事を出してきたのでしょう。

もう一つ不自然なのは防衛省が
「韓国を配慮して公開に反発していた。」
という部分。

防衛省にとってはむしろそちらよりも
「隊員達の安全のために韓国に再発防止を求める」
立場でしょう。
少なくともブログ主が話を聞いた防衛省の方は
再発防止を求めるべきというスタンスでした。

むしろこういう情報の非公開を求めるのは
「外務省」と「日韓議連」なのですね。

時事通信としては
「暴君安倍のせいで韓国に都合の悪い情報が公開された!アベガー」
と、安倍総理の暴走ということにすれば
時事通信の記事を鵜呑みにするような
いわゆる情弱サヨクな人達を納得させる為に作った記事
そう考えて良いと思います。

この記事は時事通信としては良いことを思いついた
と思って作文したんでしょうが、
一周回ってある意味で正しいのです。

安全保障の観点からも、
韓国に嘘の宣伝をさせないためにも、
自衛隊員達の名誉のためにも、
防衛省が反対しようと総理が公開を決定したのは
シビリアンコントロールとして正しいと言えます。

むしろ現場の主張が官邸を押し切って
非公開にさせたなんて事があれば
それこそ大問題です。


そうそう、このブログで書いてきたように
100%自分達だけが悪いという状況の場合は
韓国人は「どっちもどっち」とやり出すわけですが、
朝日新聞の12月27日の社説は
「(社説)日韓防衛摩擦 不毛な悪循環を避けよ」
というものでした。

不毛な悪循環って
韓国側が日本に謝るわけにいかないからと
無茶苦茶な嘘を次から次へと並べているだけです。

朝日新聞がまだまだいつもの調子で記事を書いているので
対日情報ソースが朝日新聞の韓国は
まだまだ日本の世論を読み間違い続けるでしょう。





【転載】今年も一年ありがとうございました。




今日の記事はやたら長いです。先に謝っておきます。
いろいろ省略できる部分があるのですが、
そこはブログ主の気まぐれです。
ご容赦ください。

みなさんは応仁の乱はご存知だろうと思います。

室町幕府の諸大名への影響力を失わせ、
戦国時代の幕開けとなったと言われる戦争です。

応仁の乱に至る道を解説しようとすれば
嘉吉の乱や享徳の乱などについても説明しなければなりません。
詳しくやるとこの記事何本分になるかわからないので
簡単に書こうと思います。(それでも長いです)

くじ引き将軍と言われた足利義教が嘉吉の乱で暗殺されると、
10歳に満たない足利義勝が将軍を継ぐことになりました。
ここで足利義勝の擁立をした細川持之が実権を掌握しました。

細川持之は足利義教を暗殺した赤松満祐討伐を指示しますが、
これがうまくいかず、山名宗全らを討伐に派遣するのみならず、
西国の大名にも討伐令を出し、
さらには朝廷に赤松満祐討伐令を出させて
ようやく赤松満祐討伐を達成させました。
ですが細川持之自身もほどなくして病没します。

当時、幕府の助言者的立ち位置だった管領職は
畠山氏と細川氏で交互に受けもっていました。

このため、細川家だけでなく畠山家、将軍側室の日野家なども
幼い義勝を通して幕府に介入していきました。
ですが義勝は将軍就任から8ヶ月で病死します。

そしてすぐに弟の足利義政が将軍職を継ぐことになりました。

兄義勝と同じく若くして将軍職を継いだ形の義政だったため、
兄の時と同じく有力大名などによる幕政への関与が続くことになり、
室町幕府の権威が大きく損なわれ、
将軍による諸大名への影響力が低下することになります。


室町幕府には関東に邪魔な存在がありました。
それは関東の足利家でした。

足利尊氏が京に幕府を開くにあたって
それまでの幕府のあった鎌倉は
関東における重要な都市となっていたこともあり、
鎌倉に室町幕府のコピーとして鎌倉府を作り、
関東を統治させようとしたのです。

足利尊氏は嫡男の足利義詮に将軍職を継がせると
その弟の基氏に鎌倉を治めさせるようにしました。

こうして鎌倉公方と呼ばれた関東の足利家ができるわけですが、
当初は将軍の血筋を絶やさない為の分家でもありました。

ところが幕府に次ぐ権限を認められている上に、
幕府の後継者にもなれる血筋とあれば、
上洛して将軍職を簒奪しようという野望を持つ人間出て来ないはずがなく、
足利義満の代には畿内で起きた乱に乗じて
しばしば幕府を脅かそうとする動きを見せるようになります。

こうして室町幕府にとって鎌倉公方はいつのまにやら
仮想敵となっていきました。

一方で関東武士は独立心が強く、
鎌倉府は決して安泰といえる状態ではありませんでした。

上杉禅秀の乱が起きると
鎌倉公方の支配力が低下しこの構図はよりはっきりとしました。

そこで足利持氏の代になると
鎌倉公方が関東の直接支配力を強めようと動きます。

ところがこの動きを牽制しようと室町幕府が介入しました。
これでさらに室町幕府と鎌倉公方の関係が悪化。

そんな中で室町幕府では将軍の足利義量が亡くなり、
足利義教が後継者となりました。

鎌倉公方足利持氏は
将軍の足利義教への対抗姿勢を強めていました。

間に入って室町幕府と鎌倉公方の仲裁役に徹していた
関東管領上杉憲実が鎌倉と幕府との対立にならないように
人事などにも逐一介入する事に対して
持氏は上杉憲実を敵とみなしていくようになります。

そして足利持氏は上杉憲実討伐へと挙兵します。
これが永享の乱です。

ところがこれが幕府への背信とみなされ、
室町幕府は上杉家へ援軍を送り、
さらに足利義教は朝廷へ働きかけて持氏を朝敵に指名させました。

幕府にケンカを売りながら
幕府との仲裁に動いていた上杉家に攻撃を仕掛ければ
実質二正面作戦となるわけですから一気に戦局が悪化しました。

そして朝敵にされたこともあって
持氏方から多数の離反も出ることになり、
持氏がの起こした乱は2ヶ月で敗北、
持氏は鎌倉の土牢へと幽閉されます。

上杉憲実は自分を殺そうとした持氏に対して恨むどころか
関東に無駄な乱を起こさせないように
将軍義教に持氏の助命を嘆願しました。

しかし、義教は足利持氏とその息子を処刑して
自身の息子を鎌倉公方に据えようと考えました。
そこで義教は上杉憲実を繰り返し脅して、
ついにこれに折れた上杉憲実を通して持氏父子を自害させました。

これによって持氏の遺児達が蜂起するも幕府はこれを鎮圧。

ここまではうまくいっていた足利義教でしたが、
畿内を中心に大名家の家督相続へ積極的に介入し、
意に反した大名は決して許さず殺害するという
恐怖政治を行っていたため義教の評判は非常に悪いものでした。

その恐怖政治によって次は誰が将軍に討たれるのか、
次は赤松満祐ではないかという噂が出ていました。

噂を警戒した赤松満祐は宴を開いて将軍を招請、
御成になった将軍義教を暗殺しました。

まだ義教の子供達は10歳に満たず、
その弟たちを鎌倉公方に送り込むには早すぎますし、
何よりも将軍家の威信を保つ為にも赤松満祐の討伐が最優先となりました。

まだ幼い足利義勝、義政らを通して実権を握っていた大名達は
足利義教の構想とは真逆の
「持氏の遺児に鎌倉公方を継がせる」
という判断をしました。

こうして足利義政が将軍に就き、
鎌倉でも持氏の遺児であった万寿王丸が元服、
足利義政(このころは義成と名乗っていた)
から一字もらいうけて足利成氏と名乗り鎌倉公方を継ぎました。

ほぼ同じくして上杉方も
憲実の息子が17歳で家督を相続しましたが、
実際には上杉憲実から家臣達が実権を奪ったものでした。

鎌倉公方として関東での支配権を固めたい足利成氏と、
実力で領地を奪取しこれを維持したい上杉家の家臣達が対立。

そして上杉家と鎌倉公方足利成氏で合戦へと発展します。

一方で幕府の実権はというと
義政が若いこともあって管領となった細川勝元が掌握しました。
この細川勝元が露骨に上杉家へ肩入れします。

さらには幕府において細川勝元にならぶ存在で
親足利成氏派だった畠山持国が病死。

ここに鎌倉公方足利成氏は幕府へのパイプ役を失いました。
上杉家に肩入れを続ける細川勝元へ
なんとか交渉をするためのカードが消滅しました。

足利成氏が幕府と交渉して事態を打開するためには
細川勝元に直接話すしかありません。

ところが細川勝元は
「上杉家を通さなければ一切相手にしない」
と足利成氏にすでに申しつけていました。

足利成氏には細川勝元と交渉する窓口が実質的になくなったわけです。
ところが上杉家とは対立中です。

完全に手札がなくなった場合はどうなるか?
そうです。
もはや実力で障害を排除するしかありません。

ここに、のちに約30年も続く享徳の乱が起こりました。

室町幕府はこの乱に乗じて上杉方を支援し、
足利成氏の討滅を狙いました。

将軍足利義政は異母兄の足利政知を鎌倉公方にしようとして
関東へと送り込みます。

が、足利成氏は幕府がけしかけた豪族や
上杉家などからの攻撃を凌ぎきり、
また鎌倉周辺に親足利成氏派の豪族が多い事もあって
足利義政の成氏誅滅〜兄正知による関東支配計画は頓挫しました。

一方で足利義政は義教のように
積極的に有力大名家へ介入して後継者を変えさせるなどして
幕府の影響力を大きくしようとしていました。

そんな中で義政は斯波氏の後継者に足利政知に繋がる渋川氏を入嗣させ、
斯波氏の兵を実質的に足利政知方の戦力にし、
これで関東支配をさせようと企みました。

上杉家を通して足利成氏を滅しようとした義政でしたが、
いつのまにやら「足利政知を通しての関東支配」
ということに注力していたわけです。

これで足利政知と上杉家が対立。

足利義政と細川勝元の行動によって
室町足利家、鎌倉足利家、扇谷上杉家が
三つ巴の対立になりかかりました。

これで慌てた義政は急遽足利政知の権限を縮小。
さらに斯波氏に入嗣させた渋川氏を失脚させ、
自ら失脚させた斯波義敏を再び斯波家当主に復帰させようとしました。

ですが渋川氏から入嗣させ斯波氏当主となっていた斯波義廉が
おとなしく党首の座を明け渡すはずなどありませんでした。

また、足利義政は畠山氏の後継争いにも介入していました。

これが畠山義就が有力大名だった山名宗全を頼る原因となります。
斯波義廉もまた山名宗全を頼り幕府と対立します。
一方で畠山義就と対立していた畠山政長は細川家との結束を強化。
こうして細川方と山名方の対立構図が作られていきます。

ほどなく文正の政変がおき、
義政の側近で大名家への介入を受け持っていた伊勢貞親が失脚します。

義政は側近を失い、
細川勝元と山名宗全の権力争いに介入する事ができなくなりました。
ここから応仁の乱となっていくわけです。

乱は細川家、山名家でそれぞれが
周辺の大名に働きかけて他家を次々に巻き込んでいきました。

しかしながら、側近を失ってパイプを失い
自らの切れるカードも失っていった幕府は
京の都で戦争をやっている山名家と細川家を
止める事ができません。

ここで大義名分を作る為に
山名宗全方は足利義政の弟の足利義視を将軍に立てました。
そして将軍を僭称させた義視に
九州・四国の大名に参戦するように檄を飛ばさせました。

当然そうなれば細川方もこちらこそ正当な幕府方であると
たとえば山名方の領地などを餌にして
大名を参戦させるなどして対抗しました。

こうして戦線が畿内から全国規模へと広がって行き、
極めて無責任に
それぞれの地域での大名同士の対立構図が次々に作られていきました。

幕府は方々に飛び火した対立の原因の一部を作ったこともあり、
これらの対立を全く止められませんでした。
挙げ句、この戦争を引き起こし拡大させた
山名宗全も細川勝元も世を去ってしまい、
もはやなんのために戦争を続けるのかわからない状態となり、
山名家と細川家はここに講和をして停戦します。

しかし、それまでに細川、山名両家が
東海、北陸、近畿、中部、
あらゆる場所で大名同士の対立を作ってしまったこともあり、
乱を止める事はできませんでした。
ようやく形だけ応仁の乱が終決したのは
山名家と細川家が講和して3年も後でした。

応仁の乱によってそれぞれの大名は
幕府に所領を安堵してもらってもなんの意味もなくなり、
実力が全てという状況を作り出してしまいました。

幕府の力が無くなってしまったために
幕府の命令を無視してもなんの制裁も受けないからです。

幕府の権威は完全に地に落ちてしまい
統治能力を失いました。
これが戦国時代へとつながっていくわけです。


余計な敵を作って自滅したり、
余計な事をして自ら切れるカードを潰していって戦争を不可避にしたり、
この当時の事例から私達が学べる事は少なくないと思います。


さて、はしょりまくってもこの長さなわけですが、
この応仁の乱へ至った流れを経済の面から見てみましょう。

室町幕府は発足当初から直轄領の少ない経済基盤の弱い幕府でした。
足利義満のときは幕府の経済政策が功を奏して
全盛期を迎えることになりましたが、
義満の時代が終わると再び幕府財政は弱体化していきます。

挙げ句に勘合貿易で荒稼ぎしていたはずが、
その種銭すら作れなくなり、
ついには幕府は勘合符を売りに出すにまで至ります。

そして有力商人や守護大名達が勘合符を利用しさらに経済力を強化。

幕府よりも有力守護大名家の方が経済力があるという状態になりました。

経済力が弱く、実力を維持できない幕府が
中途半端に諸大名に介入したところで
反抗されるのは容易に予想ができると思います。

だからこそ足利義政が積極的に介入を繰り返したものの
義政の命令を大名達が無視して所領確保に勝手に奔走し、
細川方、山名方を通しての乱の拡大になっていったわけです。

この反省を踏まえて江戸幕府では地方の大名に
参勤交代で経済力を常に削ぎつつ、
幕府直轄領で交通の要所と経済の要所を押さえて
幕府の支配力を保とうとしたわけです。

末期には拡大しつづけた大奥に食いつぶされたようですけど・・・。


さて、現代に視点を移しまして、
日本の財界人、特に商社は自分達の利益を優先させる方便として
「経済的に裕福になれば民主化する。中国の為なんだ」
と嘘を繰り返して支那への資本注入と技術流出を
積極的に行ってきました。

なにせ支那へ輸出できない工作機械でも
バラして部品だからという事にして持ち込んだり、
民主党政権で大使に抜擢された丹羽宇一郎に至っては
伊藤忠で支那の農産物生産を拡大させ
これを日本に輸出させることで荒稼ぎしました。

そして伊藤忠が取り扱っていた農産物は・・・・
どうみても日本から勝手に持ち出した品種です。本当にありがとうございました。

中共は経済的に発展していくほどに、
周辺国への侵略の強化し、
また周辺国どころか世界に対して取る態度も尊大になっていきました。

それでも今でも都合が悪くなれば
我々は発展途上国なのだから途上国扱いして優遇を続けるべきだと
すぐに都合良く弱者面するあたりは
西朝鮮という呼び名にふさわしいですが。

そして経済力で日本を追い抜けると確信すると
いよいよ日本への侵略行為も加速させてきました。

その豊富な資金から多額の工作資金も作り出して
米国政府内にも大量のパンダハガーを作り出す事で
自分達の世界侵略計画を妨害されないように
米国内の政治をも麻痺させていきました。

そこで次のステップとして南シナ海を埋め立てて軍事基地を建設。

賄賂漬けの米国民主党政権は
これを見逃し続けて基地を完成させるに至りました。


中国共産党がこうした拡大政策をとれるのは
為替操作によって世界の工場として
世界各国からの資本投入をさせてきたことも大きいですが、
六四天安門事件で国民を戦車で轢き殺すなどして
世界から経済制裁をされて孤立していたときに
日本の政界で実権を握っていたのが田中派でした。
(とくに幹事長小沢一郎が我が世の春を謳歌していた時期でもある)

周囲の反対を押し切って天皇皇后両陛下の訪中を強行。

日本が世界最強の外交官ともいえる天皇皇后両陛下を
訪中させると言う事は日本が中共を許したと
世界に受け取られることになったでしょう。

これで西側諸国の経済制裁が次々解除されていきます。

その後、日本は財務省主導で円高デフレ維持政策が続けられ、
経済はひたすら停滞。

財務省主導の円高誘導による経済停滞政策は
国内産業の空洞化が進め、
支那など海外への工場移転が相次ぐことになります。

これでますます中国共産党が調子付くことになりました。

一方で日本はというと財務省日銀に阿る財界人どころか
労働者の権利の保護を名目に組合費をかき集めている連合までもが
財務省日銀に阿って増税を主張する始末です。


中国共産党が日本に対する態度をどんどんと
尊大な物にしていった背景には
経済力で日本に追いつき、追い越していった。
国力で日本に勝っているという彼らの自信があるわけです。

日本は財務省が主導する経済停滞政策、
人件費の調整場面で組合は労使馴れ合いで
若者に全てのツケを背負わせる、俺達は勝ち逃げするという選択を行い。
結婚適齢期の若者は低収入で所帯もろくにもてない
そういうような状況になって少子化も加速したと思います。


財務省は増税に反対する声を「ポピュリズム」として
全て悪だと財務省内でも教義にしている状態で、
とにかく増税を永遠に続けることで
財務省の省益を拡大させ続けていくという考えしかありません。

この財務省主導の不況維持政策によって
自殺者がずっと3万人の大台を維持させられたりした件については
財務省官僚どもは人殺しだと言えます。

また、日本の経済をひたすら停滞させることで
相対的に日本の地位を低下させ、
日本の安全保障すら脅かし続けているという点でも
財務省官僚どもは国賊であると断言できます。

ブログ主は財務官僚の家族が世間からイジメ殺されても
もっとやれと言ってしまいそうになるほど
財務省の重ねてきた罪は大きいと考えています。


一方で安倍政権は戦後最長政権になろうとしています。

安倍政権が長期政権になっているのにはいくつも理由がありますが、
最も大きいのは経済的に民主党政権のときよりも遙かにマシだから
という点であると考えます。

しかしながら明らかに赤化統一を目指している文在寅、
沖縄は和が領土と国内教育をしている中国共産党。
核ミサイルで我が国を脅している北朝鮮。
北朝鮮を利用して日本を草刈場にし続けようと考えるロシア。

安全保障環境は急速に悪化していると言えます。

だからこそ安定政権が重要なのですが、
財務官僚は日本人をどれほど殺そうと
省益が一番という姿勢を全く変えていません。

財務省は自分達の思い通りにならなければ、
いつでもマスゴミに次々にネタをリークし、
時に無実であっても国税庁を動かして査察に入らせ
財務省に逆らう物を黙らせるという事を繰り返してきました。
この権力はまったく変わっていません。

安倍総理は安全保障環境が抜き差しならない状況のため
日本国と日本国民の敵である
巨大な権力を有し続けている財務省との二正面作戦を避ける為に
増税延期とは決して言いません。

言ったら途端に財務省からの攻撃が始まるのがわかっています。

2014年に消費税10%への増税を延期したのは
財務省の中でも特に増税への執念を燃やし続け、
増税を正義と信じて疑わなかった香川俊介が亡くなった
という事も大きかったでしょう。

香川俊介は政局になろうとお構いなしで裏で動き続けました。

菅官房長官に「お前が動くと政局になるから今回は動かないでくれ」
と言われてもなお反論して増税のために
裏で走り回っていました。

かつて小沢一郎が実権を握っていた細川内閣では
小沢一郎が深夜に細川総理に国民福祉税7%を発表させましたが、
これを発案したのが香川俊介だったそうです。

福祉に係る予算は人口ピラミッドの偏りから
その後30年以上は増え続けるわけで
福祉目的税という名目にしてしまえば、
延々と増税していけるという企みが、
この当時から財務省(当時は大蔵省)にはあったわけです。

話を戻しましょう。

財務省は安全保障上も日本の最大の敵となっています。
そして消費税増税延期のためには
国民の多くが財務省が嘘を主張し続けている事実を
共有しなければなりませんが、
残念ながら情弱層が情報源にしているテレビや新聞は
新聞だけ軽減税率対象にしてもらうという
無意味な空手形という疑似餌に釣られて、
消費税増税しろとしか言いません。

そして今でも財務省が長年国民を騙す為の嘘として流布してきた
「国の借金がー、国民一人当たりXXX万円の借金だー」
と財務省のプロパガンダを垂れ流し続けています。

日銀が金融緩和を続けたことによって
日銀の国債保有率が上がり45%になっています。
(↓このへんにグラフあり)
http://www.garbagenews.net/archives/2126503.html

日銀は日本政府の子会社であり、円を刷っています。
すでに日本政府の実質的な負債は減り続けているわけです。

財務省が長年言い続けて来た「国の借金がー」
「財政再建がー」という言葉に騙され続けて来た日本国民でも
フェイクニュースばかり垂れ流す
テレビや新聞しか情報源のない情弱層は
これにまんまと騙され続けているわけです。


考えてみてください。
1982年に鈴木善幸総理が「財政非常事態宣言」を出して
緊縮財政を推し進め、
1995年には村山内閣で武村正義大蔵大臣が「財政危機宣言」を出しました。
そして村山内閣は消費税の5%への増税を決定させて
橋本内閣への置き土産としてこの爆弾を置いていきました。

財政危機宣言などと言いながら日本は財政破綻しましたか?
財務省の資料によれば1995年の国の国債残高は297兆円となっています。

破綻する破綻すると散々騒ぎ続けて、
5%に消費税を増税したら
むしろ景気が悪化して
かえって税収が落ち込んだだけでした。

財務省がマスゴミを通して煽り続けてきましたが、
財政破綻などせず今に至っています。

そして今や日銀引き受けによって
実質的に国の借金は減っているのが現実です。

消費税増増税しなければ財政再建できない。
景気がよくなっても税収は上がらないと
財務省が言い続けてきた事が嘘だとはっきり裏付けられたと言っていいでしょう。


来年、消費税を増税すれば
オリンピック前に景気にトドメを刺すことになりかねません。

そして景気が悪化すれば安倍政権の支持率も維持できなくなるでしょう。

消費税増税によって景気が悪化すればその責任を与党になすりつけ
声高に叫び続ければ再び政権を奪取できる。
野田佳彦はこれをねらって2段階増税法案を全力で通したのですから。


安倍総理には財務省を守る姿勢をこれまで全く変えてこなかった
麻生太郎を押し切って消費税増税阻止のための解散に打って出るべきです。

たとえ安全保障環境が緊迫していようと、
譲位などの国家行事があろうとも、
国家の将来を考えれば、
なんとしても財務省の狙いである
「不景気に戻すことで省益拡大」
という事を挫くことが最も良い一手となるでしょう。

来年は解散を打って衆参同日、消費税増税廃止と動いて欲しいです。
これができるのであれば、
超高齢化で先細りしている反日勢力にも大打撃を与えられるでしょう。

経済力というのは国力に直結するのですから、
安全保障という点からもとても重要なのです。

年末なのに総括ではなく
来年の願望を長々と書いてしまいました。

たまにはこういうのも・・・長すぎて読み疲れたかもしれませんが。

これに懲りずに来年もお引き立てくださいますようお願いします。

今年も一年ありがとうございました。



パチンコ屋の倒産を応援するブログ
posted by ohana_matumae at 22:43| Comment(0) | 転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシアでアパマン 50戸崩壊 70人不明

ロシアでアパマン 50戸崩壊 70人不明
1 :名無しさん@おーぷん:2018/12/31(月)21:23:51 ID:rI2(主) ×
https://www.asahi.com/articles/ASLD05T8DLD0UHBI00H.html

 ロシア中部のチェリャビンスク州マグニトゴルスクで12月31日朝、10階建てアパートで爆発があり、建物の一部が崩壊した。
タス通信などによると、子どもを含む4人が死亡し、約70人が行方不明になっている。捜査当局は家庭用のガスが爆発したとみて調べている。

 ロシアメディアによると、爆発したアパートは約50戸分がえぐり取られたように崩壊し、住民が生き埋めになっているとみられる。
現地の気温はマイナス20度近くに達しており、地元当局が救助を急いでいる。

イイ!(・∀・) +0
-0 (・A・)イクナイ!

https://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1546259031/l50

2 :名無しさん@おーぷん :2018/12/31(月)21:25:24 ID:BgW ×
くやしい…

3 :名無しさん@おーぷん :2018/12/31(月)21:30:04 ID:f3Z ×
アパマン言うなw
まあ多分原因は暖房用のガスなんだろうけど
posted by ohana_matumae at 21:41| Comment(0) | 外交/アジア/他外国等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK、紅白でチコちゃんを使って『ネットはフェイクニュース』喧伝

NHK、紅白でチコちゃんを使って『ネットはフェイクニュース』喧伝

1 :名無しさん@おーぷん:2018/12/31(月)20:57:07 ID:rI2() ×
Twitterで画像を見るTwitterで画像を見るTwitterで画像を見るTwitterで画像を見る
はくしんかわ@sato231031


櫻井翔と広瀬すずが司会っていうのはフェイクニュースです 


はくしんかわさんの他のツイートを見る


https://twitter.com/sato231031/status/1079693257984991232
2 :名無しさん@おーぷん :2018/12/31(月)21:03:27 ID:BgW ×
うちのじーさんばーさんも
もう紅白見る気は、さらさら無いようでした

なんだか、格闘技やってるチャンネルつけてた
3 :名無しさん@おーぷん :2018/12/31(月)21:13:23 ID:PDB ×
格闘技見てるよ、紅白見ると嫌な思いするような気がしたからね
4 :名無しさん@おーぷん :2018/12/31(月)21:28:28 ID:f3Z ×
そっか…大晦日はこんな番組やっていたなぁ
あまりにも下劣で見るに耐えないから数年前から見なくなったが
まだやっていたんだなぁ
posted by ohana_matumae at 21:40| Comment(0) | Twitter関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【紅白】歌うますぎる!島津亜矢 紅白「時代」熱唱で公式HPダウン


【紅白】歌うますぎる!島津亜矢 紅白「時代」熱唱で公式HPダウン

1 :ひかり ★:2018/12/31(月) 21:23:56.65 ID:CAP_USER9.net
 「第69回NHK紅白歌合戦」で、中島みゆきの名曲「時代」を歌唱した島津亜矢(47)の公式ホームページが、歌唱後の31日午後8時55分頃から
アクセスしづらい状況になった。紅白で島津の歌唱を見て、興味を持った人たちからのアクセスが集中したとみられる。関係者は「反響が大きいようで
喜ばしいです」と話した。

 前日30日にはTBSで放送された「第60回日本レコード大賞」に出演。こちらでは、宇多田ヒカルの「First Love」を伸びやかな歌声で歌唱。
SNSでは「泣けるほど上手かった」「すごいとしか言えねえ」などと、歌唱力を絶賛する声が相次いでいた。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000142-spnannex-ent
https://amd.c.yimg.jp/im_siggt8n03YNuB5HxYYsNSfzhyw---x530-y900-q90-exp3h-pril/amd/20181231-00000142-spnannex-000-2-view.jpg

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546259036/l50

2 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:24:19.66 ID:1wZoFv/80.net
普通だったけど


4 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:24:47.64 ID:fV/nDSWL0.net
え!?
むしろ嫌だった

5 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:24:48.43 ID:1FggbSjJ0.net
しょーもな

6 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:25:13.19 ID:FTMcs9hC0.net
あやや

7 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:25:14.37 ID:IFVUpgqS0.net
糸じゃなかっただけで素晴らしい

8 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:25:15.13 ID:hrq6jarl0.net
歌手に歌うまいって褒め言葉か?

9 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:25:43.15 ID:/PTIOwsT0.net
中島みゆきの歌は誰も本人には及ばないんだからやめたらいいのに

10 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:25:45.34 ID:DqHacMx60.net
演歌歌手は基礎がしっかりしているから
何を歌わせてもうまい。

11 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:26:09.44 ID:iaDNmHqK0.net
こいつカバーばかり

12 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:26:10.69 ID:4A9BZ+yN0.net
歌は確かに上手かったけど、声が高くてこれじゃない感がする

13 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:26:11.73 ID:xu55KTcW0.net
喉に頼ったさもしい歌唱

14 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:26:18.80 ID:aB+Vcg3S0.net
中島みゆき呼べないなら薬師丸ひろ子に歌わせろよ

15 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:26:52.85 ID:d+1hicVR0.net
薬師丸ひろ子の「時代」が聞きたくなった。

16 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:27:02.15 ID:YVkFQK4C0.net
バルス!



18 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:27:58.52 ID:LXSt1U0l0.net
情緒がまったくなかったわ
むしろ腹立ったわ

19 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:28:05.30 ID:L6nN2jVT0.net
バルス

20 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:28:09.37 ID:YinhX6+N0.net
ちょっと違うんだよな
ちょっとじゃないけど

21 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:28:10.60 ID:LF+tLJ4H0.net
福山なんて声はりあげてて
あれ? こんなふうに歌う人だっけ? 前よりうまく感じる・・・
とは思ったけど暑苦しくて古いだけだったwwwww

22 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:28:50.53 ID:ydpMEUro0.net
演歌歌手ならもうちょっと演歌演歌した歌い方するのかと思った
坂本冬美のがいいな


24 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:29:23.40 ID:HIjU1DDE0.net
しっとり感がなかったからなぁ

25 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:29:42.14 ID:/L3tzQeM0.net
カバー芸人

26 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:29:54.05 ID:vifxXEKA0.net
何の関係があんねん
ええ加減にせえや

27 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:29:55.81 ID:ICAkSkYc0.net
たしかに歌唱力日本一クラス。
それでもヒット曲ないのはなにかしら理由があるんだよ

28 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:30:24.57 ID:4i3GTIj90.net
糸はクリスハートのがいいな。



31 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:31:31.47 ID:guh/WW1n0.net
振袖で歌う曲でもないような。。。

32 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:31:44.14 ID:wbtR3CRA0.net
違う歌になってるやん。

33 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:31:49.16 ID:FH9rSImi0.net
この人今一番上手いと思う
思うんだけど曲に恵まれないんだよね
今回もカバーだし時代はないよね気の毒

34 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:31:51.10 ID:5YF1BE5o0.net
>>27
んなもん楽曲に恵まれるかそうでないかだけだわ

35 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:32:03.78 ID:oaLPzurz0.net
>>1
オリジナルが聴きたいとしか思わなかった
posted by ohana_matumae at 21:35| Comment(0) | 芸能/音楽/TV関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【芸能】北川景子「家売るオンナ―」クランクインに潜入!座長の笑顔が寒さ吹き飛ばす


【芸能】北川景子「家売るオンナ―」クランクインに潜入!座長の笑顔が寒さ吹き飛ばす

1 :孤高の旅人 ★:2018/12/31(月) 21:08:11.81 ID:CAP_USER9.net
北川景子「家売るオンナ―」クランクインに潜入!座長の笑顔が寒さ吹き飛ばす
12/31(月) 6:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181231-00174614-the_tv-ent

2019年1月9日(水)にスタートする新ドラマ「家売るオンナの逆襲」(毎週水曜夜10:00-11:00※初回10分拡大、日本テレビ系)。主演の北川景子と工藤阿須加が臨んだ撮影初日にザテレビジョンが潜入。「家売るオンナ―」が作られる現場の様子をリポートする。

■ 「家売るオンナ」シリーズとは?

「家売るオンナ」は、2016年7月期に放送された“伝説の不動産営業ウーマン”三軒家万智(北川)が主人公のお仕事ドラマ。

クールかつ破天荒に家を売って売って売りまくる万智と、彼女に振り回されながらも成長していくテーコー不動産の同僚たち、そして万智に最適な物件を紹介されて幸せになっていく客の姿を描いた「家売るオンナ」は好評により2017年5月にSPドラマ化もされた。

「家売るオンナの逆襲」はその「家売るオンナ」シリーズの最新作。万智の夫・屋代大(仲村トオル)や庭野聖司(工藤)、足立聡(千葉雄大)、白洲美加(イモトアヤコ)らレギュラーメンバーに加え、本作から謎のフリーランスの不動産営業マン・留守堂謙治(松田翔太)が登場し、ますます予測不可能の展開になるのでは、と期待が寄せられている。

■ 北川景子&工藤阿須加の共演シーンから撮影開始!

そんな本作は、12月某日、とあるマンションでのロケでクランクイン。本格的な冬の到来を告げる肌寒い気候の中、撮影は始まった。

スタッフの前に現れた北川と工藤は「おはようございます。よろしくお願いします!」と笑顔であいさつ。拍手で迎えられた。

撮影初日とはいえ、見慣れたキャスト&スタッフに囲まれ、和やかなムードが漂う。北川と工藤は「寒いね〜」と談笑し、本番を待つ。

■ ヒョウ柄のコートのインパクトがすごい!

撮影したのは、テーコー不動産に復帰したばかりの万智が、庭野の客の内見に「私も行く」と強引に同行し、その客をマンションの外で待つシーン。庭野に客の情報を聞くが、なぜか万智の方がその客の情報をしっかりと収集、把握していて「このお客様には私が家を売ります。私に売れない家はありません!」と宣言するという、「家売るオンナ」ファンとしては何とも“熱い”瞬間に立ち会えることになった。

これまでのオンエアは夏だったため、「実は万智の冬服は珍しい」ということをプロデューサーが教えてくれた。冬服がヒョウ柄のコート。不動産営業でしかも内見の場面なのにヒョウ柄のコートをビシッと着こなす姿は、さすがサンチー(=三軒家チーフの愛称)である。

■ 北川景子の“素”の笑顔に寒さも吹き飛ぶ!

撮影はクールな万智の表情と、コミカルな庭野の動きが画面に収まるよう、何度も丁寧に調整し進んでいく。すてきなマンションのエントランスはガラス張りのため、映り込みにも関係者全員が注意を払う。

リハーサル中、印象的だったのは、万智から北川に切り替わる美しくキュートな瞬間。「私に売れない家はありません!」と決めぜりふを言った北川は「カット!」の声が掛かると、我に返って恥ずかしくなってしまったのか、「フフフ(笑)」と吹き出してしまうことが数回あり、そのたび現場はほっこり。

そんな一幕もあったが、本番ではNGなしで見事に決めてみせた北川。OKが出ると、スタッフから「帰ってキター!」と歓喜の声が上がった。

この撮影を見届けた小田玲奈プロデューサーは「寒い日が続きますけど、吹き飛ばして撮影をやれそうな気持ちになりました。頑張ります。感無量!」と自信をのぞかせた。

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546258091/l50

2 :名無しさん@恐縮です:2018/12/31(月) 21:10:12.54 ID:i4g+h7kb0.net
GO
posted by ohana_matumae at 21:27| Comment(0) | 芸能/音楽/TV関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする