2018年09月30日

【転載】ガクトコインの件だけで辞職ものなのにね〜【転載】来年の参院選までの戦略はどうなるか

【転載】ガクトコインの件だけで辞職ものなのにね


昨日のコメントにいただきましたが、
主要国の農業というのは
基本的にがっつり補助金が入っていて
日本なんかはむしろ補助金が少ないというべきでしょう。

日本は江戸時代も都市部が発展するほどに、
農村部から流入が増えていくということで
農村部へ戻す事に幕府が腐心するという事態が起きていました。

当時と今では経済そのものが形が違いますので
同様に見ることはできませんが、
面積あたりの単価が安い分、
農業と都市部の軽工業では都市部の軽工業のほうが
ずっと雇用吸収力があったという事情もあるわけです。

ですので、民主党政権のような
「票を金で買うために戸別所得補償をばらまく」
という形はよくありませんが、
補助金で収入の底上げをはかったり、
農業のインフラ整備や流通などに国がお金を出すことは
ブログ主は賛成です。

要は雇用の吸収という面で不利な農業について
国がバックアップすべきだという立場です。

民主党政権で行った戸別所得補償は
いわゆる食用米で品質がどうこうではなく、
「飼料用米でいいので安くコストを抑えて量をつくれば補助金がっぽがっぽ」
という感じのものでした。

おまけに耕作放棄地などを借り上げることで
農地を集約化していくための補助金や
土地改良費、鳥獣対策費を思いっきり削って
この戸別所得補償に転用しました。

耕作放棄地を貸していた農家が
戸別所得補償目当てに土地を貸しはがして
雑な仕事で飼料用米を生産する。
そんなことを推奨するような制度となり、
実際に貸しはがしが発生しました。

また、イオンなどの大手流通は
戸別所得補償が出ているのだから
米の卸値を大幅に引き下げるように農家に圧力をかけていたことを
国会で指摘され対策を求められました。

ですが、実家のイオンのために政治家をやっている
岡田克也が幹部の民主党が
こうした問題行為を厳しく取り締まる
なんてことは全くありませんでした。

単純にばらまけば良いというものでもありませんし、
かといって廃止になった種子法のように
特定の穀物だけを対象にする制度というのも、
ちょっとよろしくないと考えます。

品質などにたいする報奨などの形にしたり、
たとえば耕作のコストがかかる場所もあるわけで、
旧来のように米、麦、大豆ばかりに絞った制度から
それぞれの地域に合わせた作物も補助の対象とすべきです。

品種の保全と種苗の確保については
国の補助金で各県の農研機構などをバックアップすべきでしょう。

民業圧迫、民に任せろなどと言う人はお断りしたいです。

安定的に種苗を供給できるのなら
これだけでも農家の負担はぐっと下がります。

農業というのは
これからの世界では安全保障の一角であることが
より強調されていくようになっていくのだろうと思います。

日本だけ補助金をケチりにケチりまくる
そういう理由はないと思います。


お次はロイターの記事から

【日中両政府、AI開発で連携へ】
 日中両政府は、両国の政府関係者らが先端技術分野での協力を話し合う「イノベーション対話」を設立する方向で調整に入った。安倍晋三首相が10月に訪中して合意し、日中関係改善を象徴する成果にしたい考え。人工知能(AI)や自動運転技術の開発、管理などで連携し、両国の経済活性化につなげる狙いもある。複数の日中関係筋が23日、明らかにした。

 両政府は、安倍首相の訪中に向けた調整を加速。日中平和友好条約の発効から40年となる10月23日に北京入りし、25日までの滞在中に習近平国家主席らと会談する日程を描く。設立に合意すれば、年内に初会合を開催する運びだ。

【共同通信】(2018/9/23 ロイター)

共同通信の配信記事です。
共同通信らしくすでに決まった話であるかのように報じて
既成事実化させようという魂胆が見えています。

米国が今せっせと規制をかけているのに
日本が中国共産党を助けようという形になってしまいます。

米国を敵に回す話です。

こんな話を誰が勝手に進めているのか・・・
答えは以下。


今年6月のFNN PRIMEの記事です。

【5G,8K,AI...中国・韓国の情報通信大臣が東京で“食いついた”日本の技術とは?】

d0044584_07030054.jpg


そう、野田聖子。

こいつが総務大臣を要望した理由が見えてきましたね。

次世代通信技術など、中国共産党が
世界支配のためにダンピングにより機材を独占し、
市場を制圧しようとしている分野です。

どうせ中国共産党あたりが野田聖子に吹き込んだのでしょう。


とすれば、共同通信の記事は
野田聖子か野田聖子の振り付けをやっているのが
共同通信を通して話を独り歩きさせることで
既成事実化させるのが狙いでしょう。

日本側にとってはメリットがまったくない話ですから、
そもそも提携しなければならない理由になりませんし、
いま中共を締め上げている最中の米国にもろに敵対する行為ですから
日本も被害を受けかねません。

こういうリスクの面からも提携はありえない話です。
野田聖子が勝手に話を進めて
日本の技術を中韓にプレゼントしようとしていると言っていいでしょう。

ここのところの一連の野田聖子の動きって
ふるさと納税を邪魔して、
電波オークションなどの政府の動きを牽制して、
あとはただひたすら中国共産党の利益を図るというものです。

普通に考えたら
ガクトコインことスピンドルの問題だけで
自民党の他の大臣だったら自殺するまで追いかけ回されている話ですが、
マスゴミが野田聖子をやたら擁護しているのは
河野洋平などと同じく中共の飼い犬だからでしょうね。

ではお次は泥棒の記事から

【(朝鮮日報日本語版) 【コラム】器が小さい日本の文化庁v】
 今年5月、是枝裕和監督が手がけた映画『万引き家族』がカンヌ国際映画祭の最高賞「パルム・ドール」に輝き、「『うなぎ』(今村昌平監督)以来21年ぶりの快挙」と日本列島が揺れた。ところが、いつもは自国の文化芸術・スポーツが国際舞台で大きな賞をもらうたびに熱い賛辞を送っている安倍晋三首相が今回は沈黙した。是枝監督は安倍首相に批判的で、この作品は日本社会の暗い面を描いているという理由からだった。「クール・ジャパン」(cool Japan=日本文化を世界に伝えようという日本政府のプロジェクト)を唱える日本の首相が器の小さいリーダーであることを示すものだ。

 ところが今、日本の文化財の世界にも、同様の「器の小ささ」が広がっている。この1年間の大阪研修で知り合った関西の博物館関係者は「今の雰囲気は最悪だ」と言った。「対馬の仏像」による日本国内の反韓感情が深刻なためだ。韓国の窃盗犯たちが対馬から高麗時代の仏像を韓国に持ち込んだが、これを忠清南道瑞山市の浮石寺に引き渡すよう命じた韓国の裁判所の判決に基づき、現在まで日本に返還されていないというのが事の発端だ。

 被害は韓国の博物館に及んでいる。特に高麗建国1100周年を迎えて今年12月に開催される予定の「大高麗展」がこの直撃を受けている。国立中央博物館は、開放的かつ独創的な文化を築いた高麗の総体的な面を見せるため、世界各国に散らばっている高麗時代の名品を集めているところだ。多くの名品が日本にあるため、日本側の協力が緊要だ。しかし、一部の寺や私立博物館は窓口すら閉ざし、国立・市立博物館も「日本の重要文化財に指定されている最上級の名品は貸せない」と難色を示している。

 日本のある関係者は「韓国とは関係を維持しなければならないので、私たちも貸し出したい。だが、文化庁が許可を出してくれないので困っている」と言った。作品を所蔵している機関が貸し出したいと言っているのにもかかわらず、日本の文化庁が「ノー」と言っているというのだ。日本では、国が指定した国宝や重要文化財を海外に持ち出す場合、政府の許可を受けなければならない。最上級の文化財である高麗青磁や経典、螺鈿(らでん)漆器数点が日本の重要文化財に指定されている。政府が許可しなければ、高麗展に出品もできない。

 対馬から盗まれた仏像は今からでも返すのが当然だ。略奪について確証がないのにもかかわらず盗品を返さないがために、必要な交流まで足を引っ張られているのだ。しかし、所蔵者個人の意志ではなく、政府が上から貸し出しを阻んでいるのなら、これは別次元の問題だ。高麗漆器は日本の重要文化財である前に高麗の遺産であり、子孫である韓国人たちには鑑賞する権利がある。たった1つの判決を口実に正当な文化財交流まで妨害するのは、問題をさらに大きくするだけだ。表では「クール・ジャパン」を唱えながら、裏では「アンクール」(uncool)な日本政府の後姿が苦々しい。

世論読者部=許允僖(ホ・ユンヒ)記者
(2018/9/21 朝鮮日報)


器が小さいもなにも
日本から盗み出した品物を韓国司法が
反日の国民感情を最重要視して
「韓国のものだから返さないどころか俺の物だと言っている寺があるからそっちのものにする」
という決定を出しましたからね。

これで日本の他の文化財を貸したら
「元々俺達のものだったから返さない!」
と言い出されたら泣き寝入りするしかなくなる可能性が
極めて高いことがわかったから
貸さないという当たり前の話でしかありません。

相手が泥棒、しかも約束を守らない事についても定評があり、
政府もこれを後押ししているという状況なのですから
大切な文化財を貸し出すはずがありません。

そしてこれは日本に限った事ではなく
韓国司法までが窃盗行為にお墨付きを与えた事は
世界中で知られています。

このため、世界中の国々から文化財の貸出を拒否されています。
当たり前ですよね。

はっきり書きますよ。
泥棒行為を国家ぐるみで正当化する泥棒国家に
金だろうが物だろうが貸すなんて選択肢はないんですよ。

これは世界の常識です。


お次はがちの共産党員であり、
文藝春秋社を乗っ取って私物化しようとした
松井清人(有田芳生の盟友)を追放したものの
松井清人を長年放置しすぎたおかげで、
反日サヨクしかいなくなってしまって、
デマでもなんでもいいから反安倍、反自民で
記事を書き続ける今の週刊文春を嘆いている
週刊文春を日本一の雑誌に引き上げた元編集長による記事。

【花田紀凱の週刊誌ウオッチング】
〈687〉これで実名リストとは… しっかりしてくれ「週刊文春」 総裁選「石破さん応援」発言犯人£Tし
 総裁選、予想通りの安倍総理3選だ。石破氏が善戦したとか言うが、これは麻生副総理の言っていることが正しい。「勝つか負けるか」だけだ。

 『週刊文春』(9月27日号)が例の斎藤健農水相「石破さんを応援するんだったら、辞表を書いてからやれ」発言の“犯人”探しを。「『安倍親衛隊』恫喝(どうかつ)、ゴマスリ『実名リスト』」

 ところが、この記事、単に“容疑者”ではないかと噂される人物を挙げ、否定コメントを並べただけ。

 たとえば、林幹雄(もとお)幹事長代理。

 〈「俺じゃないよ、ふざけるんじゃない。斎藤が誰を応援しようと、大勢に影響はない」〉

 たとえば茂木敏充経済再生担当相。

 〈「私は言ってませんよ。総裁選の話もしていない」〉

 下村博文元文科相。

 〈「全くの事実誤認。斎藤大臣に事実確認をして下さい」〉

 萩生田光一幹事長代行。

 〈「(斎藤氏とは)何カ月も話をしたことはありません。電話番号も知りません」〉

 これで、「実名リスト」とはあんまりだ。『文春』、しっかりしてくれ。

 総裁選の次は沖縄県知事選だ。

 『週刊新潮』(9月27日秋風月増大号)のトップが「『沖縄知事選』謀略カードは『安室奈美恵』」。

 玉城デニー氏を支持しないよう竹下亘総務会長が国民栄誉賞をちらつかせて安室奈美恵さんに沈黙を迫った、というのだが、『新潮』自身が、記事の中でこう書いている。

 〈何やら信じがたい話〉

 〈選挙戦だから出てくる“特殊”な言論で、安倍自民に対するネガティブ・キャンペーンと見た方が自然〉

 何をかいわんや。こちらも記事にするまでもない話だ。

 『新潮』、それよりワイド特集「沈黙は金」の方がおもしろいネタを拾っている。「『小池百合子』に裏切られた『女将さん会』が築地に座り込み!?」

 「キス61連発! 中国テレビに私生活を切り売りした『福原愛』夫婦ラリー」などなど。
(花田紀凱=月刊『Hanada』編集長)
(2018/9/23 産経新聞)


週刊文春の記事がタイトルだけで
中身は100%裏取りされていないどころか
根も葉もない噂話を自分で作って目玉記事にしている事を嘆いています。

面白い記事を載せて競争していくというのが本来の筋であって
反安倍なら散々書いておいて
自分で「何やら信じがたい話だ」と書いておくことで逃げる。

文春砲なんてやっていましたが、
それこそ辻元清美や福山哲郎と連帯ユニオンの件を追跡したほうが
よっぽど売れる記事になることでしょう。

ですがやってることは
マスゴミがやっているデマの流布と同じものです。

同じ事をやってたらわざわざ買おうなんて気にならないでしょうから
編集者としても失格なんですよね。

【転載】新潮45たたきに便乗して私怨を晴らそうとする朝日



---------
先週末に立憲民主党の
日吉雄太なる議員が離党届を出して離党し、
自由党入りをすることを表明しました。

小沢一郎の自由党では玉城デニーが知事選に転出するにあたり
一つ問題が発生することがわかっていました。

玉城デニーが辞職することで
衆議院における自由党の議員が小沢一郎だけとなり、
一人では会派を組めなくなり衆議院でだけ無所属扱いになります。
(参議院に4人いるので政党要件は確保しているから政党は存続)

無所属のままではただでさえ影響力がなくなっているのに
完全に影響力のない状態になります。

それに、この20年、持病で午後は安静にしなきゃならないからと
国会をサボっている小沢一郎にとっては
使いっ走りが必要ですからね。

小沢一郎が玉城デニーに出馬判断を粘らせていたのは
おそらくその間に
立憲民主党から一人確保するということだったのでしょう。


【立憲から初の離党者か 小沢氏と会派復活へ】
立憲民主党の日吉雄太衆議院議員が、離党届を提出した。

受理されれば、2017年10月の結党以来、初めての離党者となる。

日吉議員は20日午後、立憲民主党に離党届を提出した。

近く、自由党に入党する意向。

静岡市での記者会見で、日吉議員は、離党の理由について、衆議院で小沢代表とともに会派「自由党」を構成していた玉城デニー氏が、沖縄県知事選挙に立候補し、会派が解消されたことに触れ、「小沢氏とともに、衆議院での自由党会派の復活を目指したい」と説明した。

離党届が受理されれば、立憲民主党からの離党者は、2017年10月の結党以来初めてとなる。
(2018/9/22 FNN PRIME)

日吉議員本人も衆議院での自由党会派復活を目指したいと
目的を言っていますね。


国会をサボりたいので「持病だから」ということで
国会をサボりつづけてきた小沢一郎は
2008年に民主党代表として政権交代が現実のものとなってくると
「持病があって普段から国会にまともに出られないのに大丈夫なのか?」
という当たり前の指摘に対して
体力には全く問題ないと説明しました。

普段から仮病を使って国会サボりつづけてたツケでしたが、
マスゴミはこの点をこの説明をこそっと一回だけ流して
あとは不問にしました。

政策にまったく興味がなく、
権力と金、政局にしか興味のない小沢にとって
一人でやりくりしなければならなくなるというのは
耐え難かったのでしょう。


さて、新潮45では杉田水脈擁護論を載せたら
パヨク共が一斉に圧力をかけ、
新潮社の社長ら経営層がこれに同調する発言をしていましたが、
新潮45の休刊が急遽決定されました。

これで「LGBT運動をしている連中を批判したら雑誌を廃刊にさせて言論を封じる」
という前例ができました。

部落解放同盟と在日が入り込んで利権化させようとしたのが
このLGBTですが、
杉田水脈氏の説明でもあるとおり、
LGBは嗜好の問題です。
Tとは全く別の問題です。

ですがLGBT運動は本物のゲイやレズなどの
性的マイノリティの人たちをおいてけぼりにして
「俺達は性的マイノリティ様だぞ!お前ら一般人はひれ伏せ」
という特権獲得運動であることがはっきりと裏付けられたと思います。

「多様性を受け入れろ!受け入れないやつは存在することすら認めない!」
というのが今のLGBT運動です。

多様性を受け入れろといいつつ、
自分たちの理想通りの世界以外は受け入れないというのですから
お話になりません。

こうなるともう
LGBTについては腫れ物扱いされていくことは間違いないでしょう。
口にするのもはばかられる存在になるのです。

静かに暮らしてきたLGBの人たちにとって
これほど迷惑な話はないでしょう。

また、廃刊を決定した新潮社のお偉方は
言論を守る気は一切ないということです。
マスゴミ村での馴れ合いを選んだということなのかもしれません。

でもその道は
「本を買って応援してもらえなくなる道」
でしかないでしょう。

いずれにせよ、言論で飯を食っている当事者が
多様な言論を認めないのですから、
今後新潮社がどれだけ
「俺達はクソパヨクではない」
と言ったところで
新潮社の主張は一切認める必要はないでしょう。

言論を弾圧するという選択を取った連中に
言論の自由を主張する権利などありませんし、あってはなりません。


で、特定アジアと在日と日本共産党と部落解放同盟などの手合は
「一つ認めたら調子に乗って必ず次の要求をしてくる」

という事についてはもはや常識でしょう。

さっそくこういうツイートが出てきました。




d0044584_14102584.jpg




彼らパヨクにとっては
「俺たちに逆らう奴らは存在すら認めない、徹底的に弾圧するのみ」
というスタンスがよく現れています。

多様な言論を全く認めず、
自分たちがやりたい放題するために差別だなんだという言葉を利用しているだけで、
LGBT運動というのも
「俺達に逆らうものを許すな!徹底的に弾圧させろ!俺たちに特権をよこせ!」
という事のためにやっているわけです。

だから尚更、新潮社のお偉方はこういうのに阿るという行為
出版に携わるものとして絶対やってはいけない判断をしたことは
万死に値すると言っていいレベルの話です。


さて、こういうときに調子に乗ると言えば?
そうです。朝日新聞ですね。

以下、朝日新聞の記事より

【編集長が「暴走」し誌面過激化 新潮45の常連筆者指摘】
 「新潮45」の休刊を受けて、最新号にも寄稿するなど長年の常連執筆者だったコラムニスト・小田嶋隆さんは、「個人的には愛着があった雑誌で休刊は残念」と話す。「現在の編集長になって誌面ががらりと変わった。それまでは左右のバランスがとれた誌面だったが、右派雑誌の執筆陣をごっそり持ってくるようになった」と振り返る。「あまりに唐突な方針転換で、このまま無事では済まないと、ある程度予想していた」と振り返る。

小田嶋さんは「今年に入り、誌面はさらに過激化したように見えた」といい、編集長の「暴走」に、担当編集者は「苦慮していたようだ」と話す。社長の見解や今回の休刊に対しては、「まず何よりも差別的な記事を掲載した責任をおわびし、記事に傷ついた人たちに謝罪してほしい。自らの責任で掲載した記事について『常識を逸脱』などと述べるのは、著者を守るべき出版社として仁義にもとる」と指摘した。

〜以下会員専用記事のため省略〜
(2018/9/25 朝日新聞)

小田嶋隆なんてのを出してる時点でお里がしれていますが、
新潮45が暴走していたということにして批判しています。

具体的になにが暴走なのかとか書いていないのがポイントです。


新潮45 2018年8月号
 【特集】日本を不幸にする「朝日新聞」

新潮45 2018年6月号
 【特集】朝日の論調ばかりが正義じゃない

新潮45 2018年4月号
 【特集】「朝日新聞」という病


新潮45では朝日新聞のデタラメさ、その問題点を指摘し、
批判するということを行っていました。

だから具体的に新潮45のなんという内容が問題だったとか
書くわけにいかないので、
朝日新聞は抽象的に右派ばかりに偏った
という表現だけで暴走などと書いているのでしょう。


お次はレコードチャイナの記事から。

【現職の大統領が落選、「中国の手先」との批判浴び―インド洋島国のモルディブ】
インド洋の島国モルディブで23日に行われた大統領選挙で、野党連合のイブラヒム・モハメド・ソリ氏が、2期目を目指していた現職アブドラ・ヤミーン氏に勝利した。ヤミーン氏は中国との関係構築を積極的に進めていたが、対立陣営からは「中国の手先」と批判されていた。中国メディアの観察者などが報じた。 

現地時間24日朝までには開票率が95%に達した。同時点でソリ氏の得票は12万5175票で、ヤミーン氏の8万9711票を大きく引き離し、ソリ氏の当選が確定した。

投票前には、ヤミーン大統領側が選挙を「操作」するので、公平な結果は期待できないとの声が強かった。ヤミーン大統領は2月に非常事態を宣言して、軍を動かして反対派の複数議員を逮捕するなどしていたからだ。 

しかし落選が確定したヤミーン大統領は24日、テレビを通じて「私は昨日の選挙結果を受け入れる。私は失敗したことを認める。私は(政権の)平穏な移行を確保する」などと述べた。 

南アジアおよびインド洋をめぐる国際政治力学で、最大の要因はインドと中国の「綱引き」だ。世界第1と第2の人口を擁する中印両国は領土問題を抱えている。また、インドがチベット亡命政府に拠点を置くことを認めていることも、中国にとっては「許し難い」行為だ。 

中印両国はかつて、領土問題をめぐり戦争を起こしたことがある。1962年のいわゆる「中印国境紛争」で、奇襲をかけた中国軍が圧倒的な勝利を収めた。現在の両国は安定した関係構築のために努力しているが、潜在的な「敵対国」であることに変わりない。 

モルディブのヤミーン大統領は、中国との関係を積極的に進めることで自国の開発を進めた。2018年になってからも、首都のマレとヴェラナ国際空港がある島を結ぶ「中国モルディブ友好大橋」の開通、中国企業が建設した同空港の新滑走路完成などがある。またモルディブは中国の習近平政権が提唱する「一帯一路」政策に積極的に参加してきた。 

しかし、河北経済貿易大学ネパール研究センターの張樹彬主任によると、ヤミーン大統領は対立陣営からは「中国の手先」と批判されていた。ヤミーン大統領の選挙敗因についての詳しい分析は発表されていないが、中国への過度の接近を懸念する民意が働いたことは間違いなさそうだ。 

これまでに、中国への接近が大きな原因となり政権が交代したインド洋の国としては、スリランカの前例がある。同国で15年まで在任したラージャパクサ大統領は、極端な対中接近政策を進めた。中国絡みのインフラ建設はモルディブの状況と同様だった。 

しかしスリランカでは、ラージャパクサ大統領の独裁体質や中国絡みの工事で不正に利益を得たなどの批判が発生した。同大統領は3選禁止の憲法を修正して15年の大統領選に臨んだが、シセリーナ候補に敗北した。(翻訳・編集/如月隼人)
(2018/9/25 レコードチャイナ)


中共が為政者に賄賂を積んで飼いならし、
飼いならされた為政者は支払えないことがわかりきっている
ありえない金額の事業を発注し、
中国共産党はこれで自国の労働者を大量に送りこんで雇用問題にあてつつ、
相手国が返せない借金をカタに港などを99年租借などで
実質的に中共の領土にしてしまうということが行われてきました。

このことが知れ渡り、マレーシアではマハティール氏が復活。
一帯一路構想を受け入れてマレーシアを
中共の借金漬けにしようとしていた首相が失脚しました。

モルディブでも同様の事態に至ったということでしょう。

米国が対中姿勢をはっきりさせたということも
この動きを強く後押しすることになったと思います。

かつては米ソでしたが、
今は米中という形で新たな冷戦のような時代になったのだと
そう考えた方が良いでしょう。

こんな状況で自国の国益を損ねてでも
中共に便宜を図ることだけに力を入れている野田聖子の如き政治家は
とっとと追放したいですね。

本当にスパイ防止法が欲しいです。

野党がほとんど全員特亜の手下で、
マスゴミも特亜の手下ときているので
極めて厳しい状況ですから、
まずはマスゴミにメスを入れて解体していくしかないでしょう。

一つ一つ順番に剥がしていくしかありません。


【転載】玉城デニーは実質共産党の候補者



---------
まずは欧州のニュースから

【イタリア、移民・難民の許可厳格化へ 大幅に減る可能性】
 イタリア政府は24日、移民・難民に対する滞在許可を大幅に厳格化する法律を閣議決定した。これまで「人道上の理由」として認めてきた滞在許可を、移民が母国で低賃金で過酷な労働を強いられたり、治療が必要だったりする場合に限って認める制度に変える。施行されれば、イタリアの移民・難民の受け入れは大幅に減る可能性がある。

 同法では、難民が公務員に暴力を振るったり、強盗や性暴力などの犯罪で有罪になったりした場合は、難民認定を取り消すと規定。不法滞在になった人を強制送還するための収容施設を増設し、最長6カ月間の収容期間中に送還手続きを進めるとしている。

 閣議決定後、コンテ首相は「難民を保護する仕組みは守っていく」と述べたが、移民・難民の排斥を掲げて連立政権入りした右派「同盟」党首のサルビーニ副首相は「(同法施行は)イタリアをより安全にする第一歩」とツイートした。 イタリアでは法律は閣議決定後、議会の承認を得て成立し、大統領が署名して施行される。大統領に拒否権はあるが、議会が再度承認すれば施行される。イタリアメディアによると、同法は施行される可能性が高いという。(伊南部リアーチェ=河原田慎一)
(2018/9/25 朝日新聞)

地中海を渡ってすぐのところにあるわけで、
イタリアはEU議会の面々が大喜びで迎え続けている
難民流入の最前線なんですよね。

こういう対応が出るのは時間の問題だったでしょう。

福祉目当てなので福祉にたかられ、治安は悪化・・・と。

おまけにその国の伝統と文化を尊重するかと言えば
ムスリムは基本的に「郷に入らば郷が従え」な人たちですからね。

EU議会の人たちこそ、
自分の家で難民を受け入れてからものを言ってもらいたいものです。

人の金、人の苦労だけで解決させて
「俺様は善行を指導してやってるんだぞ」
と自分に酔っているのが非常に質が悪いです。

これだから意識高い系は迷惑なんですよ。

連綿と積み上げられてきたその国の歴史の地層の
砂粒の一つになる気概のない人達を
大量に受け入れたら国が壊れるだけです。


さて、選挙では
「あ、私この人知ってる。それじゃこの人に投票しよう」
という人が一定割合居ます。

このおかげで一定規模以上の選挙になってくると
この知名度というものそのものが強力な武器となってきました。

沖縄の知事選挙でも同様で、
沖縄のラジオパーソナリティとして
大きな人気を持っていた玉城デニーは
いわゆる民主党系議員としての基本である
口だけの無能でありますが、
圧倒的な知名度でもって有利に知事選を進めています。

オール沖縄(笑)は共産党が完全に主導権を握っていますが、
共産党と聞くと逃げる票があるので
なるべく共産党色を出さないように知事選を進めているようですが、
沖縄の共産党の建物を見れば・・・
1.jpg

このとおり誰が玉城デニーの
選挙戦の振り付けをやっているかバレバレです。

オール沖縄だの県の事は県民で決めるだのいろいろ言うわりに、
知事選に持ってきた街宣車が大宮ナンバーと

2.jpg


さすが口だけの共産党らしさがこれでもかと出ています。

玉城デニー、というかオール反日陣営は
SNSなどで彼のデタラメっぷりや
公選法違反などがどんどん拡散されている事に対して
「ネットでデマが拡散されている!刑事告訴する!なにを告発するかは言わない」
として裁判をちらつかせることで拡散を防ごうとしました。

ところが逆に玉城デニーを政治資金規正法違反で告発した人がいるようです。

民主党議員らしさ全開の玉城デニーのダメさが
これでもかとよくわかる画像がこちら。

3.jpg


民主党の時にやった詐欺と同じ手口ですね。
この説得力すごいですよね。

予算の組み替えでいくらでも財源が出るとか
そう言って政権を取ったのが民主党でした。

民主党は政権を取って予算を組み替え、
さらにはなんの法的根拠も無しに
麻生政権の時に出した景気対策予算を
執行済みの予算の改修まで行ってお金をかき集め、
2010年の参議院選挙前に無理矢理ばらまく事で
票を買収しようとしました。

ですが、すでにボロがでまくっていた民主党では
それでも参院選に勝てませんでした。

予算の組み替えで財源はいくらでも出る。

そういっていざ政権を取ってみたら何もできず、
挙げ句に消費税増税はしないと言っていたくせに
消費税増税に全力というオチでした。

出来ると言って出来るようにしてやったら
実際にはなんにも出来なかった連中が
また同じ事を言い出して実現できる可能性はまずありません。

昔どっかのテレビ局がずいぶんと派手に山をほじくって
徳川埋蔵金探しなんてやってましたけど、
あのレベルですよ。

だいたい、莫大な埋蔵金にできるほどの金が
幕府にあったら幕府側は負けてませんよ。


お次はgigazineの記事から

【Lenovo幹部が「中国ではバックドアを仕込んでるけど他の国ではやってない」ことを示唆】
(2018/9/20 gigazine)


うん、支那メーカーのスマホやPCがバックドアを仕込んでるのは常識。

でも支那以外でもバックドア仕込んでるから
定期的に欧米でバックドアが発見されて問題となってるわけですよ。

そのたびに
「不具合でした、対応しました」
などと言って配布されるアップデートを入れると
別のバックドアが仕込まれるというのがお約束となっていました。

ま、バックドアが仕込まれてるのが常識として認知されているから
「中国以外ではやってないっすよ」
という話にしようとしたってところでしょうかね。


支那続きでこんなニュース。
ロイターから。

【米当局、工作員として活動していた疑いで中国籍の男を拘束】
[ワシントン 25日 ロイター] - 米司法省は、中国情報機関高級職員としての身分を隠して米防衛産業従事者を含むエンジニアや科学者の勧誘を手助けしたとする疑いで中国籍の男が25日にシカゴで拘束された、と発表した。

ジー・チャオチュン容疑者(27)はイリノイ工科大学で電気工学を学ぶため2013年に初めて米国を訪れ、16年には米陸軍予備役に登録した。

ジー容疑者は中国政府の工作員として活動していたとの疑いを巡り、シカゴの連邦裁判所に姿を見せた。

同容疑者の弁護人であるローラ・ホーイ氏からは今のところコメントを得られていない。
(2018/9/26 ロイター)

2012年入国
2016年陸軍予備役
そしてイリノイですか・・・。

バラク・フセイン・オバマが大統領(以下フセイン大統領)をやっている間に
フセイン大統領の地元のイリノイですかぁ。

フセイン大統領政権は中共の手下状態でしたからね。

金さえ積まれれば国だろうが平気で売るヒラリーが
国務長官をやっているときに工作員として入国。

フセイン大統領の時は特に支那もやりたい放題で、
トランプ大統領になってからその分のツケも含めて
米中対立が激しくなっていると言っていいでしょう。

トランプ大統領はフセイン前大統領と違って
小銭で転ぶような資産ではないですから、
本当に中共がこれまでやりたい放題してきたのが
通用しなくなっていると言っていいでしょう。

それでも中国共産党と習近平は
支那人特有のプライド最優先のために
米国との対立ですぐに弾切れになりかねないのに
対抗手段を執り続けるという愚を選んでいます。

ま、この100年ほどの歴史どおりに
またドイツが中共に擦り寄っているんで
歴史通りドイツがついた方が負ける事になる事を願いたいです。

というか日本はそうなるように立ち回らなきゃいけないんで
とても外交と安全保障上の重要な時期なんですよね。

そんな時期に「総理大臣になりたい」という事が目的になっている
無能が総裁選が終わったあとも
「俺様は45%ものまっとうな人達の票があったんだぞ!」
(※安倍総理に投票した55%の人達を全否定し続けてますよね)
とか言っていてノーサイドにする気ゼロのようですけどね。

総裁選が終わったらノーサイドだから干したりするなとか言っておきながら
総裁選の時も「私が勝ったら安倍は役職で用いない」と言ってたりしながら
自分は総裁選が終わってもちっともノーサイドにするつもりがないのですから
石破派ってのは相当なアホの集まりなので
完全に無役にしておけばいいと思います。
いずれまた足を引っ張る事になるでしょうからね。

おっと、話が脱線しました。元に戻りましょう。

米中対立ですが、
新時代の冷戦構造のようなものだと見ておくべきです。

そして今のうちに中共を叩きつぶしておかなければ
日本と日本国民の幸せはないでしょう。

なにせ中共は紀元前からその本質である覇権主義、虐殺主義のまま
表向き近代国家に見せているだけなのですから。

で、ここのところの動きと言えば

トランプ「不当に為替操作を続けてたりしてるから支那製品の一部に制裁関税かけるわ」

習近平「我々をナメるな。報復だ!米製品に関税を掛ける」

トランプ「んじゃ制裁関税は全製品対象にしとくわ」

習「・・・」

トランプ「ウイグル人、チベット人への弾圧虐殺は許されてはならない行為だ!」

習「強烈な不満を表明する!」

トランプ「あ、そうそう、台湾に武器売ったから」

習「!!?」


現時点において中共は米国と殴り合いをすれば
すぐに手札がなくなるので
米国はまだまだある手札を順番に出していくだけなんですよね。

ま、チベットやウイグルに対しての中共の虐殺なんて
自ら喜んで中共の手下になっている日本のマスゴミは
現状ですらきちんと報じませんけどね。


さて、こういう点から沖縄知事選を見ると、
玉城デニーが勝つのはあまりよろしいことではありませんが、
宜野湾市長選挙も行われています。

政府側としては宜野湾市長選挙だけでも勝てば
政策を進めていく事ができるでしょう。

翁長の時に政府がはじめた
それぞれの自治体に直接補助金を渡す
という形を拡大していくことになるでしょう。

翁長の時は結局はかりゆしグループと金秀グループに
お金を流すだけで沖縄振興には使わなかったのですから
それならそれぞれの自治体に直接補助金を回す方がいいのは明らかです。

謝花副知事が代理の分際で認可取り消しなどを行っていますが、
玉城デニーが知事になったとしてもこれが最高裁まで行って
沖縄県側の全面敗訴に終わる事が目に見えています。

そして玉城デニー側にはカードがすぐになくなります。
いくら沖縄の反日マスゴミが扇動をかけようとも
共産党に操られた沖縄の知事そのものがすぐに不良債権化する事でしょう。

玉城デニーを嫌っていた翁長が
玉城を後継者指名する録音テープなんて残すという話もありましたね。

録音テープの件は嘘っぱちだとすぐにバレそうになって
あわてて翁長の嫁まで担ぎ出して話をうやむやにしたくらいですからね。
知事になった途端にこのあたりのデマもほじくり返されるでしょう。

沖縄のことを考えたら玉城デニーという選択肢は全くありえませんが、
沖縄の情弱高齢者における圧倒的な知名度
という玉城デニーの武器は極めて強力です。

テロ集団の日本共産党は中国共産党様のためにも
全力で沖縄県知事選に入れ込んでいるようですが、
これがうまくいくか、
それとも有権者をドン引きさせる事になるか。

あと、沖縄の有権者の皆様、巨大な台風がやってきています。
期日前投票をお願いします。



【転載】感情論で法律を捻じ曲げさせる



---------
1年前の今日、9月28日は
民進党が希望の党に全員で入って乗っ取る事を
両院議員総会で全員賛成で決定した日です。
その時の民進党の代表だった人の写真が以下。




d0044584_11362602.jpg




では、毎日新聞の特集記事から

【特集ワイド 強制送還でいいのか 日本で生まれ育った少年、ファラハッドさん】
 日本で生まれ育った「外国人」の少年が、不法滞在を理由に、国外退去させられかねない事態となっている。少年は国を相手取った裁判で「僕が日本でしか暮らせない理由」を訴えたいと求めたが、国側は、強制送還の要件とは関係がないとして、少年が法廷で主張することを認めようとしない。この少年は一体、どうすればいいのか。【井田純】

 少年は、ガセミ・ファラハッドさん(16)。出稼ぎで来日したイラン人の父セイフォラさん(50)と日系ボリビア人の母リリアナさん(49)の長男として、神奈川県で生まれた。家族の会話は日本語で、両親の母語はほとんど話せない。バスケットボールに熱中する神奈川県立高の2年生だ。在留許可はなく、身柄拘束を受けない「仮放免」の状態で暮らす。法務省入国管理局の許可がないと県外に出られないため、友人に「東京に遊びに行こう」と誘われても、オーバーステイ状態であることを言えず、「親が厳しいから」と断ってきた。

 そんな少年が、実名での取材に応じた。「裁判所は、なぜ僕の話を聞こうとしないんでしょうか」

 父は1992年、短期滞在ビザで入国した。期限が切れても滞在しているとして、2008年5月に逮捕された。ファラハッドさんが小学校1年の時だった。翌年、家族3人に対する退去強制令が出され、取り消しを求めて裁判で争ったが、10年に全員の敗訴が確定。以来、「仮放免」生活が続く。

 ファラハッドさんが今年1月、退去強制令の無効確認などを求めて東京地裁に訴えを起こしたのは、父が入管に身柄を拘束され、イラン国籍を持つファラハッドさんともども強制送還される可能性が出てきたためだ。代理人を務める大橋毅弁護士は言う。「日本語しかできないファラハッドさんが、イラン社会で生活することは考えられない。せめて息子にだけは在留許可を与えてほしい、とお父さんが訴訟を望んだのです」

 イランの国情も家族の障害だ。父は今もイランの国教であるイスラム教を信仰しているが、ファラハッドさんは多くの日本の高校生同様、特別の信仰を持たず、母はキリスト教徒。イランの国内法では、イスラム教徒と結婚した妻はイスラムへの改宗が求められ、子どももイスラムを信仰していなければ迫害を受ける可能性がある。「つまり、この家族が安心して一緒に暮らすことができるのは日本だけなんです」と大橋さん。

 現在、審理が進む裁判で大橋さんは、ファラハッドさん本人への尋問を申請した。「生まれ育った日本にいかに定着し、イランへの送還などあり得ないかを示したい」。裁判官の心を動かし、国が行おうとしていることが人権侵害にあたることを訴える狙いだ。だが8月に開かれた口頭弁論で、国側は、事実関係に争いがないとして「尋問の必要はない」と主張。裁判官も「あえて尋問の要があるかは疑問」と述べ、判断を保留した。原告席では学生服姿のファラハッドさんが身を硬くしてやり取りを聴いていた。

 法廷を出た大橋弁護士が言った。「国は、今の生活でどれほど友人がいようと、日本での暮らしに定着していようと関係ない、ということでしょう。日本で生まれたファラハッドさんは、自ら選択して『不法』に滞在したわけではない。それなのに、送還されて迫害を受ける状態に置かれたり、一家離散に追い込まれたりするのは間違っていませんか」

 進学を希望するファラハッドさんだが、今の状態では大学が受け入れてくれるかわからない。仮に入学・卒業できても、仮放免者は就労が禁止されており、将来の展望は見えない。「面会に行くと父は笑顔を見せてくれますが、体調は悪いようです。一日も早く帰ってきて、元気になってほしい」

 「私とお母さんのせいで、たった一人の息子をこういう人生にさせてしまって」。茨城県牛久市の東日本入国管理センター。家族の近況を伝えると、面会室に現れた父セイフォラさんが肩を落とした。収容生活は1年を超え、頭痛や耳鳴りで眠れない日が続くという。
〜無駄に長いのでここらで省略〜
(2018/9/25 毎日新聞)

不法滞在がバレて逮捕され
強制退去命令が出たのが10年前。

ところが細かく裁判を起こしたり
難民申請を繰り返したりして
なんだかんだでそのまま10年以上居座り続けている
というだけの話でしょう。

民主党政権の時に
難民認定についての制度改悪が行われ
難民申請を却下されたら即時に出す
ということを繰り返していれば
延々と不法滞在&不法就労のコンボが
堂々と続けられるようになったのが
不法滞在がバレたあとも居座り続けてこられた理由でしょう。


ようやく難民認定を繰り返そうとも
延々と不法就労を合法的に続けられるシステムが
法務省を押し切って安倍政権で変更されましたが、
法務省側は
「新しい制度になったのだからもっと何年も様子を見るべきだ」
という姿勢で改正には極めて後ろ向きでした。

まぁ、在日や解同と仲良しの法務省ですから
不法滞在を実質合法化する制度改悪を固定しておきたかったの
かもしれませんけどね。


不幸を生まない為には
「強制退去命令が出て確定したら問答無用で送り返す」
という事以外にないでしょう。

下手な人道主義だったり、
犯罪者の人権ばかりを守ろうという人権屋の飯の種にされていて
こうやってずるずると居座り続けられることそのものが
不幸を拡大するだけなんです。

病気が見つかったら病気をすぐに治療する。
とっとと治療する。

エセ科学みたいな治療法で時間を潰した結果
かえって癌が悪化して手遅れになるケースだってあるわけです。

「とっとと強制送還する」
これこそが人道的な対応です。

毎日新聞の井田純記者に対してブログ主から回答するなら
「強制送還が正しいですがなにか?人権に配慮するなら可能な限り早いうちがいいですね」
で、おしまいです。


本邦マスゴミが法律を捻じ曲げさせよう、変えさせよう
という時のやり方は

・屁理屈で正論であるかのように書き続ける
・感情論を煽ることで法律を捻じ曲げさせる
・他国では〜、欧州では〜など別の国の話を持ち出して同じようにしろと書く

主にこの3つです。

最近は屁理屈を書くと
その頭の悪い理論をすぐにネットで馬鹿にされるので
感情論がメインになっていますが、
それこそ法に対する冒涜行為です。

そんな奴らが憲法を守れなどとよく言えますよ。

明らかに時代に合っていない法律なら変えるべきでしょうけど、
全く時代に合っていない出来損ないの日本国憲法については
「憲法遵守規定があるから政治家は改憲を主張することも憲法違反だ」
などという共産党が編み出した屁理屈にのっかるのまで出る始末です。

そういや台本読み以外できない、
アイデアパクリのチーム池上の親玉、池上彰は
「不法移民の犯罪率は高くないというデータがあります。」
(ただし未だにデータの提示なし)
というアホなセリフを返して
全くアドリブには対応できないことを晒しました。

「不法移民」っていう時点で犯罪なんですけどねぇ。


そうそう、不法入国者とその末裔、
そして日本人拉致の実行組織でもある朝鮮学校の
高校無償化適用しろ裁判で大阪高裁が
朝鮮学校への適用除外は適当であると判断を出しました。
当然の判断だと言えます。

もともと、朝鮮学校にも税金を投入しようということで
民主党政権でありえない拡大解釈が行われようとしました。

ですが、民主党政権の大臣たちは
自分が責任を負う事、これをあとで追求されることなどを避けるため、
朝鮮学校への税金投入を強行できませんでした。

川端達夫という労組上がりの反日政治家が
有識者会議で朝鮮学校へも支出すべしと結果が出たと言い張って
菅直人総理の「(朝鮮学校へ)支給しろ」という命令を実現させようとしましたが、
有識者会議が
「いつどこで開かれたのか?」「議事録はどうした」
等々に一切答えられず、
「嘘の有識者会議」ということがバレたこともあってか
実現に至りませんでした。

朝鮮学校への補助金投入は
「日本政府は国民が拉致されても実行犯を許している」
と取られかねない愚行です。

そもそもが土地の不法占拠から始まっているのが
朝鮮学校のルーツですしね。

なんかルーツを教えるために朝鮮学校でなければならない
みたいなことを言っていますが、
単に朝鮮総連幹部どもの利権のため、金のために
子供達を人質にとっているようなものです。

元々が不法入国、不法占拠などの数々の違法行為で手に入れたものなので
とてもとても恥ずかしいルーツを教育するのが
朝鮮学校の言うルーツが云々ということかもしれません。

いずれにせよ、犯罪は犯罪。

北朝鮮が拉致した日本人を全て返し、
不法占拠で取得した土地を全て返し、
そこかしこで不正にナマポを受給していたり、
税の減免を受けていた分も全て返してから言えば
少しは考えてやらないこともないというのが
日本の取るべき態度でしょう。

マスゴミが事あるごとに感情論で煽ろうとして
朝鮮学校の話題を出しますが、
こちらだって普通にジャッジしたら
「朝鮮学校に税金投入なんてありえない」
でおしまいです。

今でも大阪も含めた地方自治体で
朝鮮学校に補助金やら優遇措置やら続けているのですから
いかに地方が汚鮮されているかという話をしなければならないでしょう。


お次は反日極左の合弁政党、立憲民主党のツイッターから

https://twitter.com/CDP2017/status/1045202848403808256
枝野代表「玉城デニーさんはやるといったらやる男。厳しい局面でも笑顔で前向きに発言をする。沖縄には様々な厳しい課題があります。その中でも未来に目をむけて、新時代沖縄を作れるのは彼しかいない。私の力には限りがある。みなさんどうかよろしくお願いします。」#枝野沖縄へ行く0927

枝野代表「沖縄担当大臣時代、何度もデニーさんから沖縄のことについて指摘していただいた。沖縄のことは、玉城デニーさんと一緒にお仕事がしたい。玉城デニーさんを知事をするのはみなさんです。ぜひみなさん一緒に戦って行きましょう。」#枝野沖縄へ行く0927


立憲民主党の無選挙で代表を続けている枝野幸男代表から
玉城デニーに力強い応援があったようです。

玉城デニーの沖縄についての助言が何度もあって
民主党政権のあのザマだったようです。

これは玉城デニー候補が勝っても全く期待できませんね。
一緒にやってきた枝野幸男代表がはっきり言ってくれてます。

玉城デニーは自分が知事になった場合に
鳩山由紀夫の副知事就任をいまだ否定してないんですよねー。

沖縄の皆さんは鳩山由紀夫にまた振り回されたいんですかね?



お次は北朝鮮の手下であることを全く隠さなくなった
韓国の文大統領の記事から。

【文大統領「終戦宣言は政治的宣言、いつでも取り消し可能」】
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は25日(現地時間)、米フォックス・ニュースとのインタビューで「終戦宣言は政治的宣言であるため、いつでも取り消すことが可能だ」「たとえ制裁が緩和された場合でも、北朝鮮が(非核化の)約束を破った場合、再び制裁を強化すればよい」などと述べた。

 文大統領が米メディアとのインタビューで「終戦宣言は取り消しが可能」と強調した背景には、終戦宣言に対して慎重論が根強い米国の考えを変えさせる意図があるものとみられる。米国に終戦宣言を決断させれば、今なお膠着(こうちゃく)状態にある米朝非核化交渉を前に進められるとの判断があるようだ。韓国大統領府の関係者は「米国は終戦宣言に対して拒否感を持つ必要がないことを強調した。米国内の保守陣営に向け、終戦宣言のハードルを下げようとしたものだ」などと説明した。

 しかし北朝鮮はこれまで終戦宣言を「平和協定につなげるための必須のプロセス」と見なしてきた。今年4月の南北首脳会談で合意した「板門店宣言」にも「南と北は今年中に終戦を宣言し、停戦協定を平和協定に転換する」という趣旨の内容がある。外交・安全保障問題の識者らは「北朝鮮は終戦宣言が一度締結されれば、これは取り消すことができない不可逆的な措置と主張するだろう」と予想している。そのため「準平和協定に相当する終戦宣言は、非核化に向け実質的な進展があるまで慎重になるべき」との主張も根強い。

 インタビューで文大統領は「北朝鮮が取るべき措置は核とミサイルの実験場閉鎖、寧辺をはじめとする核施設の廃棄であり、さらに(すでに)作られた核兵器を廃棄し、(その後も)全てを廃棄すること」「いわゆる不可逆的措置を取るということだ」と明言した。それと同時に文大統領は「米国と韓国の両国が取る措置はいつでも再開可能な軍事演習の中断だ」と指摘した。つまり北朝鮮による核廃棄やミサイル実験場閉鎖などに対応する韓米の措置は可逆的であり、バランスが取れていないとの考えを示したのだ。
(2018/9/27 朝鮮日報)


そもそも朝鮮戦争ってのは国連マターになってる案件です。
終戦宣言をするためには
関係各国が納得する形をつくってからでなくては
終戦宣言ということを認めてもらえません。

終戦宣言したから認めろ、援助しろ、
なんて言って核兵器も含めた武装放棄は一切せずに
無条件で援助をしろなんてアホな要求には付き合えません。

おまけに終戦宣言をいつでも取り消し可能にしろとか
終戦宣言で周りには制裁等を解除させておきながら
北朝鮮は自分の都合でいつでも取消をして
核攻撃も含めた戦術手段を取れるようにしろ
と言っているようなものです。

取消ができるのならそれは終戦とは言いません。

日本の一部の愚かな経営者が韓国にズブズブにハマっていますが、
韓国は緊急事態においての
日本人の日本への輸送についての協議をずっと拒否し続けています。

韓国側としては緊急事態には日本人を韓国から脱出できないようにして
人質にしておけば日本は北朝鮮を含む朝鮮半島に
手を出せないと考えているのです。

そんな国にほいほいと技術まで持っていって工場作ってる
アホな経営者がいるのですから呆れるしかありません。

現在まちがいなく韓国は北朝鮮の手下が政権を握っているのです。
非常事態が発生した場合のリスクを考えたら
韓国に入れ込む理由など全くないはずです。

ま、それ以外にもルールを守らない、技術を吸い取ったら裏切る
ということを当たり前のように繰り返してきた連中ですから
非常事態がなくたってリスクの塊ですから、
冷静に考えれば韓国というのは選択肢にならないでしょう。


また、安全保障においては
敵として扱っておかなければなりません。

だいたいあの韓国が海軍力をやたら強化しようとしている理由だって
日本攻撃を想定してのものです。

以前、米韓軍事演習の際に日本を仮想敵国にして演習をしようと
もちかけたほどなんですから。

安全保障について韓国を仮想敵国とした議論を堂々と呼びかける方が
よっぽど韓国に対する牽制になるだろうと思います。



【転載】フェイクを流すほど客が減るのにね


みなさまは
熊本市議会で子供を無理矢理連れて議場に入って
自分用のヘルパーやらなんやらを雇わせようとしたり、
わがまま放題を通そうとしながら
「女性の働きやすい社会を訴えていくため」
などとほざいていた緒方夕佳という迷惑パヨク議員を覚えていますでしょうか?

あいつがまたやらかしました。

【「のど飴」で混乱 熊本市議会】
熊本市議会の最終日。当初、正午過ぎには閉会すると見られていた本会議が、今も終わらず、混乱しています。(28日午後6時15分時点)

正午過ぎには終わる予定だった市議会は、現在も続いています。
緒方夕佳議員が、議場のインターネット中継を求める請願をめぐり、議論が尽くされていないのではないかと登壇し、質問する際「のど飴をなめていた」ことから懲罰委員会が開かれたためです。

午前10時から始まった熊本市の定例市議会は、熊本城の大天守・小天守の災害復旧費や、ペットの飼育ができる災害公営住宅の土地取得費用などを含む、一般会計補正予算案などの議案が可決される見通しでした。

しかし、市民からの請願に関する質疑で登壇した緒方夕佳議員が「のど飴」を舐めながら質問を行ったため、質疑が中断されました。

「緒方議員、緒方議員、まだ待ってください」「何か口にくわえていますか?」(議長)
「のど飴をくわえています」(緒方夕佳議員)(怒号飛び交う議場)

議会は、緒方議員の行為が市議会会議規則の「品位の尊重」に抵触するとして懲罰特別委員会を設置。審議の結果、戒告の次に重い「陳謝」の処分になりましたが、緒方議員は陳謝せず、再び中断したったいま議会が再開しました。このあと再び懲罰動議が出されるとみられ、議会が何時に終わるのか先が見えない状況となっています。
(2018/9/28 18:15 RKK熊本放送)


熊本市議会は議会をインターネット中継していて
過去分も閲覧できるようになっています。

いずれこの緒方夕佳の穀潰しっぷりが晒されることになるのでしょう。
このバカに投票した人達の名前とともに晒してやってほしいです。
ついでにこのバカに投票した人達は
熊本市議選への投票を2回休みでいいと思います。

こんなパーフェクトに迷惑なだけのバカを当選させるとか
税金の無断どころの話じゃありません。


〜議長が登壇しようとした緒方議員が口をころころさせているのに気付いて止める〜
議長「緒方議員、待ってください」

議長「緒方議員、何か口にくわえておられますか?」

緒方夕佳「龍角散のど飴をくわえています」

〜議場内怒号が飛び交い、議長にオフマイクでたしなめられるも無視して緒方夕佳は登壇〜

緒方夕佳「はぁ〜〜〜〜〜〜」
(※苦情に本人としては深く呆れている意思表示の模様)


こんなのがあれば
「議会の品位を落とす」
として懲罰動議が出されるのは当然です。

さらに、質問も国会での民主党系のように
「議論が尽くされていない」
などとほざいて延々と質問をし続けたようですが、
「同じ事を何度も質問するな」「議事録を読め」と
ヤジを言われる状態です。
自分の都合に良い部分以外については
聞きも調べもせずガン無視して
自分の要求だけを一方的に主張しているだけというお粗末さです。

あ、どのくらいお粗末かというとですね、
例えば先の熊本市議会定例会で緒方夕佳が出してきた請願の一つでは

-----
自治基本条例第25条(情報共有)「市長等及び市議会は、市政に関する情報が市民との共有財産であることを認識し、これを市民に開示するとともに、積極的かつ迅速な提供に努めます」に基づき、「会議録速報版」の作成とYouTubeによる録画中継の検討を求める請願
-----

こんな請願を出していますが、
そもそも熊本市議会は
インターネット中継やってますし、
過去の中継も閲覧できます。

youtubeでなければならない理由なんてないんです。


さて、滋賀県知事のときに新幹線の駅の建設が進んでいる中、
新駅は不要として潰した嘉田由紀子というのがいました。

その後、やっぱり新幹線の駅がほしいと言い出したものの
中止を一方的に決定された上に
地元自治体とともに分担金は払いたくないと言い出したり、
なんて経緯があるためJR東海は
嘉田由紀子の要望を一切無視しました。

この経緯があって、
しかも嘉田由紀子の後継指名で知事になった三日月大造も
新幹線の駅を欲しがりましたが、
当然ながらJR東海は全く相手にしていません。

工事するために人、物、金を集めて
そしてようやく着工して工事してたと思ったら
分担金で金でごねられたりしたあげくに
ポピュリズム知事が中止を宣言。

最低でもJR東海の経営層が全員入れ替わるまでは、
滋賀県がいくら求めたところでもう新幹線の駅は出来ないでしょう。

こんな嘉田由紀子が作ったのが「未来政治塾」です。

橋下徹が政治塾ビジネスで一稼ぎできたのを見て
その後ポピュリズム政治家の間で
政治塾を作るのが流行ったのですが、
これもその一つだと言っていいでしょう。

で、今年の未来政治塾とやらの講師を見てみると・・・

http://www.mirai-seiji.jp/lecturer/Yuuka_Ogata.html


d0044584_13181600.jpg



熊本市議会への赤ん坊連れ込み事件が報じられるや講師にスカウト。
さすがです。
さすが嘉田先生はちがいます。

いやもうほんと、類は友を呼ぶ?
お互いに波長があうんでしょうかね。



お次は総裁選が終わったらノーサイド、
だから干すとかそういうことは許されないとか
散々わめていていた石破茂ですが、
石破茂自身は全くノーサイドにする気がないようです。


【石破氏「ポストは国家国民のため」 】
 自民党の石破茂元幹事長は28日、東京都内の内外ニュース主催の講演で、安倍晋三首相(総裁)が行う内閣改造・党役員人事に関し「ポストは国家国民のためにあり、個人の利益のためにあるものではない。(先の総裁選で)石破を支持したかどうかが、その人が国家のためになるかどうかに優先する判断基準ではない」と述べ、安倍首相を牽制した。「国民に正面から向き合う姿勢を自民党は示すに違いない。そのために自分ができることはしたい」とも語った。
(2018/9/28 産経新聞)


とにかく安倍を攻撃しつづけ、
自民党を批判しつづける事がアイデンティティになってしまっています。

2012年に総理になれるはずだった俺様の邪魔をして
総理になった安倍は絶対に許さない!
ということなのでしょう。

ま、石破派は普通に政治家としてクズ集団であることを
総裁選での一連のアホな行動で晒してくれましたので
「国民国家の為に」ということを考えたら
石破茂も含めた石破派から選ぶ事はないでしょう。

それに石破茂自身は3年後の総裁選のためにも
閣僚や役員として連帯責任を負わない為でしょう。
「どのようなポストであろうと断固固辞する」
と宣言しているんですから、
安倍総理としても石破に打診して拒否される
という無駄なことをするよりは
他の人材を探すのは至極当然の話です。


さて、日本のマスゴミは架空のキャラクターを創作し、
それを事実ということして、
その架空のキャラクターを基にしたさらなる創作ニュースを流し、
そして話を作り上げていくということをやってきました。


今だと
「外交が下手で失点を重ね続ける安倍晋三」
「外交が下手な安倍はプーチンに言い返せず、それどころか成果を欲しがって前のめりになって前提無しの平和条約を結ぼうとした」
と言った印象操作が露骨です。

実際には3度目の総裁選挙に勝った安倍総理は
外国の首脳が挨拶に長蛇の列を作る状態ですし、
トランプ大統領との強い相互理解があるので
日本への制裁が甘くなっていますし、
「シンゾーの言うことに従うから、まとめてくれ」
とトランプ大統領にとりまとめを丸投げされたり、
EU諸国にとってもトランプ大統領との交渉の窓口役になっている状態です。

さて、同様に日本のマスゴミはトランプ大統領について
大統領選挙のときからデタラメを流し続けてきました。

米国民主党側にべったりと中国共産党がついている
という事が大きかったのだろうと思います。

おまけにチャイナマネーにおもねる
米国マスゴミが一斉に世論誘導をかけ、
トランプを支持する人間が暴行されるのは当然であるかのように報道しました。

これでトランプ支持者達はみな息を潜め、
投票で米国マスゴミの世論誘導とは逆に
トランプ大統領が誕生しました。

トランプ大統領自身も選挙戦では丹念に地方を回り、
大都市でテレビカメラとともに大々的に売り出すことだけに
専念していたヒラリーとは対象的でしたが、
そもそもそういうことすらほとんど報じられない状態でした。

その後も米国と日本のマスゴミは
なぜか一致して同じようにトランプ大統領を
政治もよくわからないロクデナシのワガママ老人
という設定にしてそのように報じ続けてきました。

マス「ゴミ」と言われる
そのクズっぷりをマスゴミが見せつけてきたと言っていいでしょう。

今週も、NHKなどが
国連の会場に入っても誰も相手にしてくれず、
ロシアの外相はトランプ演説中にスマホいじって興味なし、
中国の外相には論破されたかのように報じていたようです。

マスゴミの中ではトランプ大統領は世界に嫌われて孤立している
という設定なのでこういう演出なのでしょう。

そんなもん中露が米国を嫌っているのは
今の始まった事ではありません。

ましてや中国共産党にとって
米国民主党政権と違ってトランプ大統領は小銭でコントロールできず、
それどころか中国共産党の世界征服戦略に
大きく立ちはだかっていますし、
トランプ大統領は「中露は選挙介入とか不均衡貿易をやめろ」
と叩く演説をしていたんですから、
中露が笑顔で演説を聴くはずがありません。


そしてNHKを筆頭に特亜に媚びへつらう我が国のマスゴミは
ひたすらトランプの印象を悪くしよう悪くしようとしていますが、
現実問題追い詰められているのは中共の方です。

中共は内需拡大のためにその富を使おうとせず、
為替操作による元安維持によって
国内の失業者を外資を呼び込むことでカバーしてきました。

特に情報系の産業については
中国共産党の世界征服戦略のためにも
ウイルスと共に市場を席巻するはずが、
米国から次世代規格で排除され、
オーストラリアなども追従してきています。

いくら中国共産党の機嫌を取る為とはいえ、
ひたすらフェイクニュースばかり流し続ける事は
その報道の信頼性を加速度的に失わせる事に他なりません。

オールドメディアはむしろ一日でも早く死にたい
という事なのかもしれません。

実際はそういう意識すらなく、
自分達を客観的に見る事すらできなくなったので
「いついかなるときでもまともな状況判断ができない」
というレベルの人材しかいなくなってしまったのでしょう。



【転載】来年の参院選までの戦略はどうなるか




今日はこちらの日経の記事から。

【金融緩和の「出口」明示促す 国民民主が議員立法】
国民民主党は10月下旬に召集予定の臨時国会に、金融緩和の出口戦略を明示するよう日銀に促す議員立法を提出する方針だ。

玉木雄一郎代表と古川元久代表代行は財務省出身、大塚耕平代表代行は日銀出身と財政・金融に精通した人物がそろう。安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」が行き詰まっていると主張し、対案を示して論戦に臨む狙いだ。
法案の名称は「経済・財政・金融に係る基本法案」。金融緩和の出口戦略と政府の財…
〜以下 会員専用のため省略〜
(2018/9/28 日経新聞)


玉城雄一郎(財務省)
古川元久(財務省)
大塚耕平(日銀)
と、日本の経済の足を引っ張る事が
最優先の財務省と日銀の思想を色濃く持っているトリオですね。


財務省がマスゴミが使って
「アベノミクスは失敗した。日銀は出口戦略を示せ」
という世論誘導をこの1年くらいずっとやっていますが、
総裁選で安倍総理が続投になったので
玉金一味が財務省の手下として景気後退させろと
国会で主張しようというわけです。


そもそも財務省がマスゴミと政治家や評論家などに主張させている
「アベノミクスは失敗した。だから日銀は出口戦略を示せ」

出口戦略と言っていますが金融緩和路線を打ち切れというものです。

第一次安倍内閣の時も、景気が良くなり始めた途端に
日銀が引き締めを行って景気回復を阻止した過去があります。

日銀が引き締めを行えば景気はしぼむ。
それがこれまでの繰り返されてきた事実から言える結論です。

仮に、アベノミクスは失敗に終わったというのなら
それはつまり景気がよくなっていないということなのですから、
金融緩和だけでここまで景気が回ってきた事を考えれば

アベノミクスが失敗におわったのだから
景気を回してきた金融緩和を直ちに打ち切れ

という財務省と日銀がマスゴミや政治家、評論家など
あらゆる手を使って誘導しようとしているこの理論は
明らかにおかしいです。

財務省としては一応対策として「ハイパーインフレになる」
という話をするのでしょうが、
現実では2%のインフレすら達成できないんですよ。

2%のインフレすら達成できてないから
アベノミクスが失敗に終わってるんでしょ?

2%のインフレが達成できないのだから失敗だ。
でもハイパーインフレのリスクが拡大するから金融緩和をやめろ。

このロジックを冷静に考えたら矛盾そのものだとわかるはずです。

経済ってのは急に景気がよくなって数字がジャンプしたり一気に下がったり、
それこそ矩形波のような極端な動きに
数字が変わる事はありません。

インフレ目標の達成はできなかったけど
ハイパーインフレならあり得るとかあほですかと。

逆にデフレ加速にしかならない事が
過去の実例でも裏付けられている引き締め策に戻す事は愚の骨頂です。

財務省の言うことを実行すれば
経済全体が再び停滞することになるわけで

景気が悪化した
 ↓
税収が減った
 ↓
増税しかない

という財務省の狙っている
財務省の理想である増税スパイラルにもっていける。
というのが財務省の狙いであることは明白です。

なにせ今まで20年以上も経済を停滞させてきたのが
この財務省の戦略なんですから。

アベノミクスが失敗に終わっているから今やっている事を全て中止し、
特に金融緩和はすぐに打ち切れというのは順番が間違っています。
日銀に引き締めを先に迫るのではなく

「アベノミクスはこうだから失敗した。だからこうすれば景気を良く出来る」

という処方箋を先に提示すべきなのです。

でもこれ、普通の理屈ですよね。

・Aは失敗した。
・だから今すぐ打ち切って過去の失敗し続けて来た経済政策に戻すべきだ。

無茶苦茶ですよね?

普通は

・Aは失敗した
・これこれこういう理由によって失敗した。
・よって失敗の分析からこのような方法で景気対策とすべきだ。

失敗をしたというのであれば
原因とその原因を更生した要件を整理し、
失敗しないための方策を提示するのが基本です。

ところがなぜ失敗したかという分析を
きちんと行われては困るのです。

だからこそ
失敗したといいながら
「なにがどうしてどう失敗しているのか」
という分析部分は一切まともに語らないし議論しないのです。

財務省官僚が断固として抵抗し、
政権を潰すわけにいかないので財務官僚を忖度した結果、
政府の支出引き締めに至ったため、
金融緩和をしてもお金をうまく回せなかった。

金融緩和というアクセルを踏んだのに
予算でブレーキをかけていたのですから
これで予定通りにいくはずがありません。

おまけに消費税の8%への増税という
サイドブレーキまで引いてるんですから普通なら事故ですよ。


財務省の屁理屈に限らず、
とくに人間が動揺しているところをねらって
全くのデタラメの処方箋を刷り込むというのはよくあることです。

とくに大災害なんかがあったのですから
いまこそインフラの再整備にお金をかけるべきで
消費税増税なんてありえません。

また、見方を変えれば、
日本の経済成長を20年以上妨害し続けてきた主犯は
間違いなく財務省なのです。
そして彼我の相対的な経済力のバランスが崩れ
中共が日本の凋落をみて沖縄侵略に出て来始めたのは90年代です。

その後も財務省の連中は日本だけが1人負けするように誘導してきました。
日本の経済を停滞させ続けようという財務省は
クルーグマンの言葉を借りるのなら「銃殺すべき」連中です。


さて、安倍総理としては参議院で2/3を抑えていられるのは
来年の参議院選挙までの可能性が高い
という読みがあるのだろうと思います。

日本のマスゴミは何十年と刷り込みを行ってきました。

・あの政治家は悪党である。
・なぜなら自民党だからだ。

というものです。
理屈じゃないんです。
情弱層はとくにこれを鵜呑みにしているので
とにかく自民にだけは票を入れないという人が集まっています。

自分の頭で考えたり、自分で調べたりすることを放棄しているので
マスゴミの刷り込みどおりの思考を
マスゴミの思惑通りにするわけです。

そして
「自民は悪い奴らだから絶対に投票しない」
ということでアンチ自民となり、
反自民なら誰でもいいから投票する事になります。

共産党主導で進められていた野党統一候補という形で
反日野党どもが候補者を立てれば、
この「マスゴミの思い通りに動くアンチ自民層」は
統一候補に投票する事になるでしょう。

そうなれば自民党は再び参議院での単独過半数を失い、
維新を合わせても参議院では2/3に届かない
ということになりかねず、
安倍総理の悲願である憲法改正は遠のいてしまいます。

ですので安倍総理はマスゴミの規制するより先に
今憲法改正を発議させようとしているのだろうと思います。


であれば安倍総理がやるべきことは
消費税増税延期(というか法案の廃止が望ましいですけど)
を掲げて解散を打つことだろうと思います。

マスゴミは
ネットをフェイクニュースの発信源だとレッテル貼りをして
ネットに対して敵意を剥き出しにしているので
もはやネットユーザー側に受け入れられる余地がありません。

彼らが流すフェイクニュースは
ネットで瞬く間に嘘がバレているので
なおさら
「ネットこそがフェイクニュースの発信源」
ということにしているだけでしょう。

そしてオールドメディア依存の人達とともに
死んでいくのでしょう。

むしろ消費税増税の再延期を掲げて
衆参ダブル選挙に出るべきではないかと考えます。

ではそれまでの間どうするか?

中核派などの極左への取り締まりを強化しつつ、
安全保障を国会で議論させようとすべきでしょう。

安全保障においては
立憲民主党と共産党と社民党は
特定アジアの言う事をそのまま復唱するだけなので
またいつもどおり議論になどならないはずです。

その間に放送法改正、電波オークション制を進めておけばいいでしょう。

共産党が野党統一候補なんて言い張っていますが、
いまの立憲民主党は
「俺達こそ社会党から続く反日政党の正式な後継」
とばかりに国民民主党と手を組む気はありません。

反日政党として集まってくる反日票を独占するためです。

こんな状況なので
国民民主党に行った連中が
安全保障で少しでも現実的な事を言えば
かならずそれを根拠として敵対姿勢を続けるでしょう。

究極的には自分だけ良ければ良いのが極左です。
かつての学生運動のときには
これでガンガン分裂して
セクト同士で殺し合いをしていたのですから。

新左翼連中なんて、
どれほど言葉を選んだところで
どうしようもないバカの集団以外の何者でもありません。

数々の殺人事件を起こしてきましたが、
新左翼同士での内ゲバでの殺人がダントツで多いのですから。


おっと、大分脱線しましたね。

さて、私だったら安倍総理に助言するのは

・消費税増税延期を掲げて衆参同日選挙へ

・相次ぐ天災で国土強靱化を再び主張すべき

・消費税増税延期を反対する国民は少ない

・野党統一候補を立てられないように政策などで煽り続ける
(バカの集まりなんだから同じレベルで煽れるような簡単な政策の方がいい)

・慌てないでほしい

と言ったあたりでしょうか。

来年の参議院選挙をうまく乗り切れば
その後の2年間は
安倍総理はやりたい放題になれるんですから。
むしろそちらの方が重要ではないかとブログ主は考えます。

たしかに
「可能なうちにやったほうがいい」
という考えは正しいと思いますが、
そこに全リソースを注いでしまって
その後のことがおろそかになるといけません。

憲法改正を実現することができるのなら、
その後の参議院選挙などでも
自民が大負けするような状況にはならないと思いますが、
まだまだ情弱層が大量にいるというのが現状です。

もし、このあたりをひっくり返せる戦略があるのなら
憲法改正をタイミングを見て使う手は大いに有りだと思います。




パチンコ屋の倒産を応援するブログ
posted by ohana_matumae at 22:50| Comment(0) | 転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【国際】英保守党大会開幕 メイ首相のEU離脱方針に批判高まる [H30/9/30]

【国際】英保守党大会開幕 メイ首相のEU離脱方針に批判高まる [H30/9/30]
1 :◆ciadbU3kq9FF:2018/09/30(日)22:21:17 ID:E9E(主) ×
【バーミンガム(英中部)=小滝麻理子】
メイ英首相が率いる与党保守党の党大会が30日、中部バーミンガムで
始まった。
メイ氏はBBCのインタビューで欧州連合(EU)との経済関係を重視する
穏健派寄りの自身の離脱方針が「最善の提案だ」と強調。
合意のない離脱への備えも進め、「いかなる結果でも離脱を成功させる」と
訴えた。

メイ氏は大会最終日の10月3日に演説する。党内ではメイ氏のEU離脱の
方針に対し、ジョンソン前外相ら強硬派が激しく批判。
離脱方針の見直しを求める大規模な集会も計画されており、党内の
結束を求めるメイ氏にとって正念場になる。

(略)

日本経済新聞 2018/9/30 21:54
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35936910Q8A930C1FF8000/

http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538313677/l50
posted by ohana_matumae at 22:33| Comment(0) | 外交/アジア/他外国等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【漫画】 「お姉さんは女子小学生に興味があります。」2巻、限定版の販売や書店特典も


【漫画】 「お姉さんは女子小学生に興味があります。」2巻、限定版の販売や書店特典も

1 :朝一から閉店までφ ★:2018/09/30(日) 22:14:02.12 ID:CAP_USER9.net
2018年9月29日 13:22
「お姉さんは女子小学生に興味があります。」2巻
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0929/onesho2_fixw_640_hq.jpg
大きなサイズで表示(全8件)
https://natalie.mu/comic/news/301675


柚木涼太「お姉さんは女子小学生に興味があります。」2巻が、本日9月29日に発売された。

メロンブックスでは、アクリルキーホルダー付きの限定版を販売。また2巻の購入者には特典として4Pリーフレット、1・2巻を同時購入した人にはクリアファイルが配布される。
そのほかの書店でも2巻の購入特典は展開され、とらのあなでは4Pリーフレット、喜久屋書店と百合部加入書店ではモノクロペーパー、COMIC ZINではイラストカード、ゲーマーズではブロマイドが付属。
一般書店向けの共通ペーパーも用意されている。特典は店舗により取り扱いがない場合もあるため、詳細は各店にて確認を。

「お姉さんは女子小学生に興味があります。」は高校教師という信頼ある立場だが実は幼女好きのロリコンお姉さん・みのりが、
隣の家の6歳女子・小恋(ここ)と戯れる姿を描いたおねロリ作品。竹書房のWebマンガサイト・まんがライフSTORIA´にて連載されている。

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538313242/l50



6 :名無しさん@恐縮です:2018/09/30(日) 22:17:44.37 ID:yy+MTbLP0.net
これ単に、おじさんは興味ありますにすると問題があるから、おじさんをお姉さんにして誤魔化してるだけだよね



8 :名無しさん@恐縮です:2018/09/30(日) 22:18:09.03 ID:u95Iv/+30.net
L(レズ)L(ロリ)?

9 :名無しさん@恐縮です:2018/09/30(日) 22:19:01.22 ID:M/glxWK/0.net
日村はのもっと上が好み

10 :名無しさん@恐縮です:2018/09/30(日) 22:19:11.86 ID:TMrrbkg10.net
>>3
もうやめたげて

11 :名無しさん@恐縮です:2018/09/30(日) 22:19:14.39 ID:iNQlQ3L30.net
ハッピーシュガーライフ的な?

12 :名無しさん@恐縮です:2018/09/30(日) 22:19:15.77 ID:ysqAEP8y0.net
男が描く百合って、女が描くBL並みに気持ち悪い
まじ無理

13 :名無しさん@恐縮です:2018/09/30(日) 22:19:58.20 ID:4WzTBzVG0.net
おっさんは女子小学生に興味があります
posted by ohana_matumae at 22:31| Comment(0) | アニメ/漫画/ゲーム/声優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【国際】道路がスパークリングワイン3万リットルの海に イタリア [H30/9/30]

【国際】道路がスパークリングワイン3万リットルの海に イタリア [H30/9/30]
1 :◆ciadbU3kq9FF:2018/09/30(日)22:17:42 ID:E9E(主) ×
イタリアのヴェネト州コネリアーノワイン製造地域にある、
ザナルド・ジュッサーノ・ワイン製造所で爆発が起きた。

爆発の結果、3万リットルものスパークリングワインが
道路に溢れた。サイト「italia-ru」が報じた。

(略)

爆発したタンクから漏れたワインは製造所の周囲
数百メートルに溢れ出した。

http://youtu.be/BaINZiCbm5A

スプートニク日本 2018年09月30日 01:55
https://jp.sputniknews.com/life/201809305399464/


http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538313462/l50
posted by ohana_matumae at 22:19| Comment(0) | 外交/アジア/他外国等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『逆襲のシャア』のラストはどうなったのか? 公開から30年経っても続く議論

『逆襲のシャア』のラストはどうなったのか? 公開から30年経っても続く議論
※ID非表示スレ
1 :あずにゃん◆vq4yK0L4gQ:2018/09/30(日)22:15:44 ID:???
先日、2ちゃんねるに『逆襲のシャアって極めて独特な終わり方だよな』というスレッドが立った。
スレ主は、主役2人が生還するわけでもなし、戦争が決着するわけでもなし、何か問題が解決するわけでもなし。これまで何となく受け入れて観ていたものの、特殊なアニメだったと書き込んでいる。

この意見に賛成だという人って案外多いんじゃないだろうか。僕もこれまでに何度も観返している。ただ、この映画はそれ以前のガンダム作品とは尺がそもそも違う。完全に第二次ネオジオン抗争を描き切ることは、最初から目指していなかったようには思える。
あくまでもこの作品の主軸はアムロとシャアの退場劇なので、あの結末はあれはあれで正解だと考えている立場だ。

それでは、スレッドに寄せられた書き込みを紹介したい。
「アムロはあれで死んだのは間違いないだろう。シャアのエゴ(アクシズを地球に落下させる)に付き合わされて死んだ」
「まぁ逆シャアって新規にオススメは出来ん作品ではある。初めて見たら『は?』な印象で終わる」
「アムロとシャア最後の対決と期待して見に行ったらそんなに面白くなかった記憶が」
「誰が作ったのかどうして動くのかもよく分からない謎のサイコフレーム」

受け止め方はまさに千差万別といった具合で、ネガティブな意見も結構目に付いた。元々本作って、1986年から87年まで放送されていた『機動戦士ZZガンダム』終盤でシャアが台頭するというシナリオが用意されていたのに、土壇場になって映画で決着を設けることになったという経緯を持つ。
監督・脚本の富野由悠季にしてみれば、果たしてどんな胸中で制作していた作品だったのか。これについては色々と思いを馳せてしまう部分があるオタクも多いだろう。


2018年9月30日 9時0分 キャリコネニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15377434/

http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1538313344/l50
posted by ohana_matumae at 22:18| Comment(0) | ガンダム関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする